FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

暖らんベアーズ



暖らんベアーズ*\(^o^)/* in Amsterdam      2015.10.6
スポンサーサイト

インド卒業式

4日

インド最終日

F子さんの家で

アン王子一家とマンサ姫一家とで

私たちのインド卒業パーティを開いてくれました

パーティの前にみんなでアンドリューの木に会いに行って来ました



しばらく見ない間に幹は太く

木陰で涼をとれるほど葉は伸び伸びと生い茂り

なんだか気持ちよさそうに見えたよ

花の開花はもうまもなく? ← 遅くとも再来年には、華やかな彩りを見せてくれるはず^o^

楽しみだね♪

マンサママ、マンサパパ、アンママよる

インドde最高!に美味しい手料理のおもてなしと



気心が知れている最強の明るい笑顔に囲まれ

私たちは心もカラダも、しあわせいっぱいでした

ありがとうございました


F子さんはインド暮らしの恩人

渡印前からインド最終日まで色々とお世話になりました

楽しいときはもちろん

辛いときも支えてもらい力となり

たくさんの元気と笑顔をもらいました

アンちゃんと暖が繋げてくれたご縁は

マンサ一家との出会いへと繋がり

ラブラドールとの癒し癒されての

笑顔の絶えない楽しい生活を

お互い共感しあい

さらにインド生活を豊かなものにしてくれました

そして

F子さんからサプライズ❗️な贈りもの‼️

インド卒業証書の変わりにと

Danベアに続き


手作りのKenベア&Rikoベア

名付けて暖らんベアーズ*\(^o^)/*

それぞれの右足の裏には

F子さんの思いが

Kさんの文字で刻まれています

さてマンサ姫はね


ぬいぐるみがだーいすきなの

暖も、そうだったけれど新しもの好き!

姫のお目めは

キラリ~ン ♪

(((o(*゚▽゚*)o)))

暖ベアーズへ…と集中!


わたしのでしゅか!?マンサの大好きなぞうさんには、見向きもしましぇん

マンサ、ごめ~ん!

見せびらかすだけ見せびらかして

これは、あげられないの~

再会の日には

マンサの大好きなヨーグルト、リンゴ、クッキーいっぱいあげます!

約束だよん♪

そして一度、卒業パーティはお開きとなり

深夜便に向け私たちは、仮眠をとらせてもらいました

その後、再び集合~♪

夜遅い時間にもかかわらず

みなさんで空港まで見送って頂きました





最後は笑顔で!…と決めていたけれど

大切なひとたちとのしばしの別れはやっぱりダメでした

ありがとうがいっぱい

涙腺が緩んで止まらなかった

感謝の言葉は尽きません


良き出会いは

人生

犬生

最高の宝もの

また会う日まで


心優しき大好きなマンサ♪ありがとう!


ダンニャワード

ドバイ くつろぐ編


買い出し休暇はリフレッシュも兼ねているので

観光以外はゆっくり過ごしたいという思いがあり

クリーク沿いの

ドバイヨットクラブとゴルフクラブの間にある

白と青を基調とした

緑豊かな心身ともにリラックスできそうなホテルを選んでみました













滞在中朝食は

清々しい空気にふれたくて外のテラス席へ







自分で温めて食べたアラビックブレッドは

シンプルな塩味でその素朴さが美味しかったよ

クロワッサンはもちろん本場フランスのお味


この蜂蜜♪絶品でした!


1階の部屋からは

直接、ホテル敷地内のクリーク沿いの遊歩道へ







写真中央、向こう岸に見える光の点線はバージ・カリファ




ホテルのゲートからエントランスまでは

およそ歩いて15分くらいかな

散策には丁度よい距離かな~と思うけど

2月とは言えど日中は陽ざしが強いので

ゴルフカートでの送迎サービスも利用




ヨットクラブ内にあるスペイン料理のお店

カーサ・デ・タパスからはホテルが一望できて



店内天井にはスペイン陶器の鮮やかな絵皿が素敵^o^





シェフもスタッフもスペイン人ということで

お料理も











スパニッシュオムレツやスペシャリテのパエリヤなどなど本格的~^o^

2月中旬のドバイは

まだ朝晩が涼しく過ごしやすいので

旅行におすすめな季節かな~と思います


my直感のパーク・ハイアット・ドバイ

心身ともに

真のリラックスタイムを満喫できました


ドバイ見聞録 おわり。


さて



現実へ。。。^o^


ダンニャワード

ドバイ 眺める編


プライベートテラスからの眺め

水上飛行機がクリークを行き交う







てな訳で


パスポートの提示必要


ホテルを後に

空からドバイを眺める旅

40分の

遊覧飛行へ Go~🎶

乗客は私たちを含め6名でした





ダウ船の白い帆をイメージしたバージ・アル・アラブ 全室スイートらしい




ほんと!コンクリートジャングルだね~



観光地、別荘地として開発された人工島、パーム・ジュメイラは

ヤシの木をイメージ

このジュメイラの建設により

ドバイの海岸線は

ギョギョッ~ 520km長くなったんだって!

中央のお城のような建物は

高級リゾートH リゾートアトランティス・ザ・パーム





パームシリーズの人工島はあとふたつ開発中だそうー





遠くに見えるは

大小300の島々からなる

世界地図の形をした人工島群 ザ・ワールド


パーム・ジュメイラとともに

宇宙からも見えるよう (((o(*゚▽゚*)o)))

埋め立て開発されたそう~



近くによると島々はこんな感じ




そびえ立つバージ・カリファ

イメージデザインは砂漠に咲くヒメノカリス

真上から眺めると

放射線状に広がる花弁の形をしているんですってよ

流石に真上までは飛行してくれませ~ん^ ^


人間が造りあげたとはいえ

その開発力のスケールの大きさは

まだまだはかり知れない発展と進化が

秘められているように感じました


ダンニャワード


ドバイ 快挙編

古きをたずねた後は

新しきを知る



まずは

天を突きさすように

そびえ建つ世界一の高層建造物

バージカリファ

。。を撮ったつもりが



高すぎてNGの写真が多かったよ~


完成まで6年

建設には80ヶ国、約1万2000人の方々が携わったそうです


気をとり直して

展望台・地上452m(124階)からの眺め



水色に見えるは人工湖

その中の円とらせん状のものは

これまた世界一最長の噴水ショーの仕掛け


その左横には



世界最大のショッピングモール・ドバイモール

ちょっと横道それて

巨大モールには

世界の名だたるブランドからアラビックな雑貨、日用品まで

イギリス系の高級スーパー・ウェイトローズ

スケートリンク、世界一の水族館、世界最大の屋内スークなどなど

一日かけても周りきれない。。ね


ダイソー(日本の2倍のお値段でした)、紀伊国屋、無印良品もありますよん*\(^o^)/*


もとへ

私たちは

展望台からの夕陽が見たくて

6pm~の入場チケットを購入 ←WEBで事前に予約




シャッターチャンスは逃したものの

ドバイの空に暮れ行く夕陽も美しかった。。




夕陽も沈み

バージカリファから眺めた

ドバイファウンテンの噴水ショーを観ることに。。

正直

あまり噴水ショーなどには興味はなかった

のだけれど


水・光・音のイリュージョン🎶

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

音楽と光にのって

まさに水が踊っているの~

その約5分間のショーに

すっかり心を奪われ

1回観るだけではもの足りず

ドバイモールに3回足を運ぶことに。。。


なんでもラスベガスのベッラジオの噴水ショーを

手掛けたデザイナーによるもので

そのパターンはすごいね~1000以上


音楽のクライマックスにあわせて


吹き上げ最大150m(50階に相当)は迫力たっぷり!











あまりにも

スケールの大きな演出に

魔法にでもかかったぁ~?

華やいで酔いしれた

アラビアン ナイトでした





ダンニャワード


ドバイ 伝統&モダン編


オールドドバイの

パスタキヤ地区は

ドバイの古い街並みを残す歴史保存地区




入り組んだ路地を挟むように

アラブの伝統的な建築や装飾の建物が並びます






古き時代のドバイを感じながら

細い路地を歩くだけでも



異国情緒たっぷり



最近では

カフェやギャラリーの入った建物も多いそうで



モダンアートも楽しめるのも魅力かも。。





さてアート繋がりで

是非行ってみたいなと思っていた

タイムズ スクエア センターで

毎月第2金曜日に開催される

Artisans of the Emirates



世界各国のアーティストが集まるクラフトマーケット


アーティストの方たちと交流しながら

作り手の思いやセンスも伝わってくるので

とってもよい刺激になります


こちらは

イスラム芸術のひとつで

アラビア文字をアートに描きだす

Arabic Calligraphy (アラビア書道)



スコットランド出身のアーティストMさんは

日本にも来たことがあるそうで

てんぷらが好き、日本は美しい国!!と親日家でした




あと

セルビア、フランスの女性アーティストの

素敵な作品とも出会えました^o^




ダンニャワード

ドバイ 買い出し編

ホテル到着後

ホテル内を散策し

向かった先はホテルのゲートより

徒歩5~10分ほどにある

ショッピングモール



シティセンター デイラ


まずは休暇の目的である買い出し食材の下見

インド駐在員には2回/年、買い出し休暇の権利がある~

のだけれど


食文化が日本と大きく異なるインドでは

食料調達が困難(>_<)なわけで

特に地方都市のオーランガバードは

当然のことながら日本食材はナイーン!皆無!!

どころか。。。語り出したら♪やめられない~とまらない~♪の~


渡印前までは

インスタント食品 ←Now 日本のクオリティの高さってすごいと思う!

缶詰め ←Now どんだけ~食べたことか

売り場は

スルーな食生活も


今や

それらがご馳走になるわけで

環境はひとを大きく変えてしまうものだぁー

期間限定とわりきってはみるものの


ひとのカラダは食べものでできている!

栄養バランスや

日々の積み重ねってすごく大切だよね。。を

身をもってあらためて実感


さて本題のモールには

フランス系のハイパースーパーマーケット カルフールがぁ~*\(^o^)/*

なんでもある~~




オリーブも樽だし~






野菜もフレッシュ! 種類の多さにあっぱれ~


プラムだけで5種類よん


魚の種類も豊富~



ビーフは
オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ブラジル、パキスタンものだったかな
部位も色々~


卵が~


すしバーdeおひとつ舟盛りいかが~ そちらのマダム




豊富な冷凍魚介類deパエリアいかが~マンサママ*\(^o^)/*


日本食材も忘れておりませんよ~ん



アジアンコーナーには生豆腐~🎶

しつこいようですが

なんでもある~~~。・°°・(>_<)・°°・。

そして

売り場がキレ~イ*\(^o^)/*


ホテルにも近いので

カルフールde最終日に買い出し決定となりました

ダンニャワード

想像を遥かに超えていた国 ドバイ

さて

鉄格子の中のひと

燻られっぱなし~生活ではいかんね^o^


美しい景色を眺めながら

歩く

深呼吸をする

感性を磨く

美味しいものを食べる

インド人以外のひとに会いたい(≧∇≦)



てな訳で

気分一新

先日、買い出し休暇で訪れたドバイ


それはそれは

わたしの想像を遥かに超えていて

驚きに満ち溢れていて


ある意味インドとは対極~

インドへ戻っての落差が激しいわ~(つД`)ノ


近未来都市というか

流石!産油国

世界初、世界一の開発力

観光への

華やかさやスケールの大きさ、演出が桁違い

夢のような世界

あらためて世界は広いな~を再認識した旅


そんな私が感じたドバイを

写真を中心に

おとどけしたいなと思います


ドバイは

7つの首長国からなる

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)

頭文字をとってU.A.E の

ひとつの首長国


インドのデリー、ムンバイから

3時間ほどの空の旅で到~着

がしかーし

オーランガバードからは

頻繁におきる国内便の遅延を見越して

国際線への乗り継ぎ便を決めなければならない

これは、日本一時帰国等も同様のことでして

ムンバイあるいはデリーへ一泊する必要があります


当初はふたりでオーランガバード→ムンバイ一泊→ドバイへ

の予定

。。が

わたしはリハビリを終えた後

デリー→ムンバイへ

kenさんとはムンバイのホテルで合流~*\(^o^)/*



翌日

エミレーツ✈️航空にてドバイへ

映画「テルマエ・ロマエ2」 ←大爆笑😂



を観終わる頃には快適な空の旅も終了


空港の出口を

右へ進むと

エミレーツ✈️航空のファースト&ビジネスクラスのサービスカウンターがあり

空港⇄滞在ホテルへ、VOLVOでの無料送迎サービスが受けられます

私たちが滞在したホテルから空港への送迎は

Dh(ディルハム)250×2

日本円に換算すると ¥16,000

ほーっ

お高いね~ということで

こちらを利用させてもらいました

。。。が

エミレーツでの3時間の空の旅ならば

エコノミーでも十分よかったかもです



ダンニャワード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。