FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

聖なる水の行方

家へ持ち帰ったガンガーの水

              DSC01902_サイズ変更


1本はお約束通り、Gくんの元へ

で。。もう1本は


未だわが家にあります


ここで

女医のドクターNについて少々

クリニックは

わが家からバイクで10分以内の場所 

往診診療可能なクリニックであることから

留守中の暖の体調チェックに来てもらってます 

獣医になって9年目

人柄も良く、犬好きなんだけれど

時間にとっーーてもルーズ!!な方でして

なかなかね

決めた時間を守れない

守らないだけでなく

電話連絡なく何回かすっぽかされてます ←インド人的にはノープロブレムなんでしょうか


今回もね

ガンガーの水を取りに寄って下さい。。と連絡し

ドクターが指定した日の時間に待つも


連絡なしに。。。現われず


未だなしのつぶて


???

日本人的には???わからん


しばらく放っておこう~というkenさんに従ってる次第 


そんな訳で

わが家の家宝!?になりつつあるガンガーの水


さて本題のTDS値ですね


わが家のRO水値は 現在 18~20ppm

以前にROシステムの記事で綴りましたが


 TDS (Total Dissolve Solid:総溶解不純物濃度)=水の中に溶け込んでいる不純物濃度のこと
     ⇒水質検査の基本だそうです

 人間の飲み水としては100ppm以下が安全性が高いと言われているそうです
 

 ご参考までに

 kenさんがROシステムを学んだ
 Winsor Castle Hotel のTDS値は 
    
 RO前は595ppm ⇒ RO後は30ppm 
       

ROシステムについての記事はこちらをクリック →


なんと

驚くべき値がぁ~~(@_@;)


11月25日  50ppm ←私留守中にてkenさんが測定したので写真なし

約1ヶ月後

12月28日  79ppm

             DSC02055_サイズ変更



100年経ったら腐らないかはわからんですが


ガンガーの水はやはり聖なる水!!か?


うひょーー


謎は深まりますね~~~(*^_^*)~


ダンニャワード 
スポンサーサイト

聖なる地・リシュケシュへの旅②

翌日 24日

リシュケシュの地に昇る朝陽も

川面に映えて

息をのむほどの美しさ

                fc2blog_2013122800371019b.jpg


空気もひんやり澄んでいて

なんだか神秘的なワンシーンを観ているようでした


ヒンズー教徒の人々にとっては

一生に一度は訪れたい聖地であるようですが

すべてのひとが叶えられる訳ではないようです


そして訪れたヒンズー教徒は

ガンジス川(ガンガー)の水=聖なる水を

持ち帰りプジャ(お祈り)に使うそうです


そこで暖とお留守番中の

Gくんに

ガンガーの水欲しい?

と聞いたところ、迷わず即答の イエス でした


また留守中

暖の体調管理にと往診を頼んでいる女医のドクターNは

リシュケシュへ行くと言っただけでね

ガンガーの水を持って帰って来て!。。と言われちゃいました


           fc2blog_201312280039139c3.jpg

。。てな訳でガンガーの水くみ中~



            fc2blog_201312282349209c0.jpg


              四人deガンガー水片手にハイ!ポーズ♪ アンちゃんも側にいるよん


旅をともにした

F子さん家のドライバーさんは ← 空港の送り迎え等、いつも大変お世話になっております

なぜかリシュケシュの水ではなく

リシュケシュより下流の

リシュケシュ同様・ヒンズー教聖地のひとつ

                DSC01891_サイズ変更


ハリドワール(神の門という意味だそうです)の水を汲んで

持ち帰ってました


ガンジス川といえばバラナシの沐浴をイメージするのでは^^


ハリドワールでは

                DSC01893_サイズ変更


実際に沐浴したり

泳いでいる姿を目にすることができました

               DSC01894_サイズ変更

それはそれは多くのインド人で賑わっておりましたよー


。。。で


ドライバーさん曰く


ガンガーの水は


100年経っても腐らない!


。。と自信ありげに言いきってましたよね~(*^_^*)


ほんと~なんでしょうか



てな訳で

聖なるガンガーの水のTDS値を測定してみました!へと続きます

ダンニャワード






聖なる地・リシュケシュへの旅

Andrew'smomことF子さんの愛犬

アンドリューくんが天国へ召されてから

もうすぐ7ヶ月
                  DSC01887_サイズ変更
                  

少し前のことになります

11月23日~24日

アンドリューくんの最期の弔いにとリシュケシュへ

私たちもお供させて頂きました


リシュケシュは

ガンジス川の上流に位置し

ヒンズー教徒にとっての聖地であり

国際的にもヨガの聖地として有名です




ガンジス川に美しい夕日が沈む頃

               





普通は

葉でできた小さな器にマリーゴールドなどの花々(写真右上)を飾り

その花の器をガンジス河に流してプジャ(お祈り)をするそうです


日本の精霊流しに似ているなと思いました




アンドリューくん用にと

骨壺を中央に置き

たくさんの可愛い花の器で飾られた華やかなリースができあがりました


                    キャンドルを灯します


ガンジスの川面に映る夕日の中


いよいよ旅立ちのとき



KさんとF子さんおふたりの溢れんばかりの愛情に包まれ



穏やかに流れる大河に抱かれながら





ゆっくりと静かに

大河の如く

アンドリューくんの

厳かで華やかな美しい旅立ちでした


ガンジス川に手を合わせながら

祈りを捧げ流した涙は

私たちにとっても

一生忘れることのできない

心に残る大切な思い出となりました


アンドリューくんが

引き寄せてくれた出会いとご縁に感謝です

               DSC00109_サイズ変更
               アンお兄ちゃんありがとう! 暖    2013.5.10撮影


Kさん・永遠のアンドリュー王子・F子さん

ありがとうございました


ダンニャワード

ジミーは女のこ

隣のワンコの名前を門番さんに聞いてみる

ジミー

女の子なのにジミー???

再度もうひとりの門番さんに聞いてみる

ジミ~~

以前ブログで綴ったように

飼い犬も野良犬も隣近所を行ったり来たり。。

塀をひょいっとひっと跳び

妙に身軽である

まだインドの我が家が増改築中で

塀のフェンスがなかった頃。。。

kenさんが日本に居る私に送ってきてくれた写真


              12.09.09 002_サイズ変更

              12.09.09 IMG_1715_サイズ変更
 
              良~く目を凝らしご覧ください。。左奥には野良ワンのお尻がぁ           


確かに。。。ジミーは男勝りである

生憎。。。
現在我が家には四方面にフェンスがあり

跳び乗り・塀渡り・勝手に出入りは禁止でございま~す。。オホホ~

アンドリュー王子くん&暖さん

さてさて渡印日6月28日。。
いよいよ
アンドリュー王子くんと我が家の暖さんお初ですぅ~タイム♪

成田⇒デリー 9時間のフライトでお疲れのはずなのですが。。。

優しいアンドリューお兄ちゃんに会えて嬉しかったんだよね。

暖さんテンション大変高うございました


おふた方。。仲良く追いかけっこ                                                                        
                     DSC07356_サイズ変更
       
                     DSC07358_サイズ変更

                     DSC07361_サイズ変更

                     DSC07362_サイズ変更
  
                     DSC07355_サイズ変更

                     DSC07365_サイズ変更

 
おかげさまで
旅の疲れや緊張感はF子さんご家族に癒され
家族3人ゆっくりと心地良い眠りにつくことができました 

重ね重ねさまざまなご好意とお心遣いに感謝です
                   
                     アンドリュー王子くん15歳     暖10歳                 
              DSC07756_サイズ変更
                 日本でも愛用していたキッチンドッグさんのクッキー♪    
                      
             


              

アンドリュー王子&Andrew'smom

インド・グルガオン在住
Andrew'smomことF子さんとの出会いから
早いものでちょうど1年。。

ワンちゃんと一緒に渡印した方を探していたところ
アンドリュー王子インドへ行く!
のブログにたどりつきました
犬種も暖といっしょのラブラドールレトリーバー

思い切って、ブログへコメント(非公開)しよう!
ご丁寧にお返事を頂きご縁が始まりました。。

私たちが渡印するまでメールでのやりとり(インド⇔日本)等で
多大なるお力添えや温かなお心遣い
そしてインドへ向かう勇気とたくさんの励ましをいただきました

私が昨年10月初めてインドを訪れたときは
デリー・グルガオンツアーを企画していただき
美味しいお店・新鮮な野菜が揃うマーケット・おススメな紅茶屋さん
日本食材屋さんなど。。
在住されている方ならではの知る人ぞ知る!
たくさんの情報や貴重で楽しいひとときをご一緒することができました

その上グルガオンのおうちにも快くお招きいただき
アンドリューくんとの初対面も叶うことに!
その後旦那さまのKさんと合流し4人deディナータイム
結局。。初対面にして一日中おつき合いいただきました。。。
F子さんは。。
私が思い描いていた以上に
バイタリティ溢れる素敵で可愛らしい~女性でした

今年3月に再びインドを訪れたときも
デリーdeランチ&ティータイム
久しぶりの再会はなかなか話しが尽きず別れが名残惜りしかったね。。。

さてアンドリューくんは現在15歳のクロ♪ラブの男の子
13歳でインドへ渡印

とってもフレンドリーでおっとり穏やかな性格は
誰からも好かれるタイプ
                 
                 
                 DSC06083_サイズ変更
                                男前~♪ 2012年10月撮影

    
そしていよいよ暖連れで6月渡印へ。。
デリー着当日、オーランガバード行きの乗り継ぎ便がなかったため
F子さんのご好意にすっかり甘えさせていただき
暖ともども家族3人でお泊りさせていただきました

アンドリュー王子くんと暖さん
感謝・感激・感動のお初ですぅーは
次回のお楽しみに~~ね♪

F子さん
いつもいつも温かで頼りがいがあるアドバイスや情報もありがとうございます♪

私たち家族3人もオーランガバードでインド暮らしがんばっておりますよー 
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。