FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

寝入りばな

暖さん♪
..................駒ヶ根に住んでいるときから

時々。。寝ながら4本足で走っている動作をします
(他のワンちゃんもそうかしら?)
大地を駆け巡っている夢でも見ているのでしょうかねぇ~?

                       DSC07999_サイズ変更


あともう少しで

                       DSC08000_サイズ変更

                               Have a good dream
スポンサーサイト

上手な断り方

今朝の出来事

事後報告としてkenさんが私に伝えたこと

門番さんがkenさんに紙袋を手渡す

中味は何かと聞くと

自分の家で採れた野菜だから食べてほしいと

紙袋から取り出して見せたそう(インゲン?)

正直なところ。食べられないな。。と判断

ノーサンキュー

私たちは食べません。。と断る

門番さん 大丈夫、食べられます。。と食べる仕草。。

ノーサンキュー..............................................

今後のこともあるから断ったから。。ね


kenさん曰く

日本式だったら

無理。。食べられないなと思っても

ありがとう。。と頂いて後でわからないように捨てるであろうと。。

きっと私だったらそうしていたに違いないと思う。

でも1回頂いてしまったら、喜んでもらえるだろうとまた持ってくる?よね。。

(ゴミを出してくれるのは門番さんですし。。。)


相手の好意や親切心は受け止め

ノーサンキュー

上手に断わる。。大切です

バンダナ

こちらに来てからmy前髪を自分で2回カットしました

こちらはkenさんのバンダナです
                       DSC07992_サイズ変更

暫く単身deインド暮らしをしていた頃にオリーブとブラックの2色を購入

ところで
このバンダナですが
絞り染めを意味する バンドゥヌ(ヒンディー語) が語源だということをご存じでしたか?


いよいよ前髪の長さがうっとうしいとバンダナ姿復活!です
                      DSC07987_サイズ変更

                      DSC07988_サイズ変更

私。。kenさんのバンダナ姿お気に入りです

この姿で会社へ出社致します。。

ティケ!(OK!)ノープロブレム!。。それがこちらインド。。。



------追記------

インドの方々。。良ーーく上記のふたつの言葉使います

がしかしインドの場合

ノープロブレム = ほとんどの場合問題がございますよ~ 

アンドリュー王子くん&暖さん

さてさて渡印日6月28日。。
いよいよ
アンドリュー王子くんと我が家の暖さんお初ですぅ~タイム♪

成田⇒デリー 9時間のフライトでお疲れのはずなのですが。。。

優しいアンドリューお兄ちゃんに会えて嬉しかったんだよね。

暖さんテンション大変高うございました


おふた方。。仲良く追いかけっこ                                                                        
                     DSC07356_サイズ変更
       
                     DSC07358_サイズ変更

                     DSC07361_サイズ変更

                     DSC07362_サイズ変更
  
                     DSC07355_サイズ変更

                     DSC07365_サイズ変更

 
おかげさまで
旅の疲れや緊張感はF子さんご家族に癒され
家族3人ゆっくりと心地良い眠りにつくことができました 

重ね重ねさまざまなご好意とお心遣いに感謝です
                   
                     アンドリュー王子くん15歳     暖10歳                 
              DSC07756_サイズ変更
                 日本でも愛用していたキッチンドッグさんのクッキー♪    
                      
             


              

パンプキン ディスコ

私の好きな野菜の上位に入るかぼちゃ
栄養価的にも女性に嬉しい魅力がたっぷり含まれます

インドのかぼちゃです  
             DSC07937_サイズ変更
         

丸のまま、カットしたもの(種は除かれて)大小さまざま野菜売り場に並んでいます

見た目からしてハローウィンのカービング用・ランタンを作るかぼちゃみたいですよね

カットするとこんな感じです    
     
              DSC07962_サイズ変更
      
かぼちゃの皮はかたくありません
プリンスメロン(ノーネットメロン)の皮をむくような感触がします
果肉の食感とお味(少々生食味見。。)は
コリコリと未熟果の味のしない柿を食べているようです。
正直。。美味しいとは言えません

ほくほくしたかぼちゃの甘辛煮は最高~!
はい!ここインドでは望めません

でもキレイなオレンジのお色目は良いところ
味がないということはアレンジ次第で如何様にもなります
コリコリとした食感も活かしたい。。

。。という発想から
                          インドのかぼちゃdeきんぴら 
                     DSC07965_サイズ変更

植物油で炒め、砂糖・酒・味噌で味つけ仕上げに酢をひとふり。。
煎り白ごまをふり混ぜ合わせます(味噌は白味噌があれば◎)

日本においても
美味しくないかぼちゃに遭遇してしまった場合、是非ともお試しくださいませ~。

ちなみにかぼちゃは大きく分けて3種に分類されます
日本かぼちゃ
西洋かぼちゃ
ぺポかぼちゃ

ペポかぼちゃはズッキーニ、そうめんかぼちゃなどの他
食用としない観賞用のおもちゃかぼちゃも含まれます

さてこのかぼちゃ。。名前はあるのかしら~?と
レシートで確認...........................

え?...................................えぇーーー?

PUMPKIN DISCO

ハローウィン用に使われるかぼちゃの名前。。

もしもし?

野菜売り場に並んでいたのですから食用ですよねー


いささか。。お腹が痛いような。。のは気のせい?

森永さんありがとう♪

会社の福利厚生制度の一環
海外駐在員向け

OCS OVERSEAS COURIER SERVICE
生活サポートサービスがあります

上限金額/1年単位はあるものの、上限金額までは会社負担で注文することができます

日本の食料品が届くと
もう気分は一気に急上昇upupup
さらに今回注文した食料品の中に感動!!のひと品がございましたよ

私は豆腐・納豆・豆好き(私を良く知る方はご存じかと。。)

日本を離れ約2か月ぶりのご対面です♪  DSC07972_サイズ変更



森永と言えばやはり最初に思い浮かぶのは牛乳でしょうか
その牛乳紙パックの
無菌包装技術を生かし開発されたのが、morinaga T・O・F・Uなんです

その魅力は。。
 10か月常温(涼しい場所)で保存可能なこと

 紙パックに無菌充てんする森永乳業のロングライフ技術で
 保存料や防腐剤を使用せず、長期保存を可能にしたそうです

 さらに嬉しいことに遺伝子組み換えでない大豆使用

青パックは木綿 赤パックは絹

今回は絹豆腐を注文してみました
パックサイドには
レシピ例としてストロベリーバナナシェイクの作り方が。。
やはり海外向け商品なんですね。。

私も日本に居る時は豆腐や豆乳を使ってスイーツレシピを考案しておりましたが。。

さすがにスイーツに使用するにはもったいない!

冷蔵庫で冷やしてそのまま~

かつおぶし・わさび&しょうが(いずれもチューブ入り)・お醤油de冷やっこ

大豆の旨みやコクが活きております!ちゃんと豆腐だね。。

あ~~美味しい~~~

2か月ぶりに口にしました豆腐に感謝・感激・感動の三拍子

暫し至福のひとときをかみしめ味わいました

あと残り11パックもそのまま冷やっこで楽しもう!と誓い合ったふたりであります

そうそう大事な方を忘れておりました

我が家の暖さんも豆腐好き

パックを開けるなりキッチンへひょこっと顔だし(懐かしい匂いがわかったんだね

おすそ分けです    DSC07464_サイズ変更


現在では森永乳業さんのTOFUは世界約40カ国で親しまれているそうです

森永さんありがとうございます


 

カレーの木とカレーリーフ

初めて出会うスパイシー?のような爽やかな香りが漂う
カレーリーフ

こんな風に枝についたまま束ごと野菜売り場に並んでいます
DSC07923_サイズ変更

ちなみに生のコリアンダーやミント、ディルも束売りですよ

カレー料理のスタータースパイスとして使ってみると
風味が増しmyカレーがワンランク上昇
プラス気分も上昇~♪

そこで少しカレーの木とリーフについて調べてみました

カレーの木は
インド原産 ミカン科 常緑の低木
和名:オオバゲッキツ(大葉月橘)またはナンヨウザンショウ(南洋山椒)

その葉をカレーリーフと呼び
特に南インドやスリランカのカレー料理の香りつけに欠かせないスパイスだそうです
またなかなか日本では生のカレーリーフにはお目にかかれないようです

そして
インドの多くで家庭栽培されている......とのこと

実は。。キッチンの窓辺から真っすぐの位置に

この~木何の木♪気になる木~♪♪
多分そうじゃないかなぁ?

ちょうど庭の手入れと草取りに来ていた庭師さん?に聞いてみました

答え : カリーバッター (ヒンディー語) = カレーリーフ

我が家にもカレーの木がございましたよ

それも小さな木を含め3本も
                        DSC07958_サイズ変更
                             

                        DSC07950_サイズ変更

                        DSC07951_サイズ変更

マイガーデン?の他の木についても門番さん交えながら教えていただきました

我が家にもあるんです♪インドを代表する木々についてはまたの機会に。。。

グリーンムングダル

グリーンムングダルを煮てみました
                      DSC07945_サイズ変更
                        左:ウラドダルホワイトホール   右:グリーンムングダル                      
オリーブ色が何ともお洒落なお豆♪
私の第一印象

前回のウラドダルホワイトホールと同様に煮てみました

煮くずれすることなく煮上がり
豆の色はオリーブ色⇒茶褐色へと変化

そのままお味見。。

う?青臭い。。私には少々苦手かなぁーな感じでした

ひらめき直感!
カレー味&スパイスでこの臭みを消すことできるよね~
*インドの豆ですからインド料理との相性が良いのは当然ですね。。ナハ

       緑ムング豆deドライカレー
                   DSC07880_サイズ変更

緑ムング豆deベジ豆カレー                                        DSC07927_サイズ変更
初めてのmyチャパティと一緒に食べましたよ

スタータースパイスとしての生のカレーリーフも◎

アンドリュー王子&Andrew'smom

インド・グルガオン在住
Andrew'smomことF子さんとの出会いから
早いものでちょうど1年。。

ワンちゃんと一緒に渡印した方を探していたところ
アンドリュー王子インドへ行く!
のブログにたどりつきました
犬種も暖といっしょのラブラドールレトリーバー

思い切って、ブログへコメント(非公開)しよう!
ご丁寧にお返事を頂きご縁が始まりました。。

私たちが渡印するまでメールでのやりとり(インド⇔日本)等で
多大なるお力添えや温かなお心遣い
そしてインドへ向かう勇気とたくさんの励ましをいただきました

私が昨年10月初めてインドを訪れたときは
デリー・グルガオンツアーを企画していただき
美味しいお店・新鮮な野菜が揃うマーケット・おススメな紅茶屋さん
日本食材屋さんなど。。
在住されている方ならではの知る人ぞ知る!
たくさんの情報や貴重で楽しいひとときをご一緒することができました

その上グルガオンのおうちにも快くお招きいただき
アンドリューくんとの初対面も叶うことに!
その後旦那さまのKさんと合流し4人deディナータイム
結局。。初対面にして一日中おつき合いいただきました。。。
F子さんは。。
私が思い描いていた以上に
バイタリティ溢れる素敵で可愛らしい~女性でした

今年3月に再びインドを訪れたときも
デリーdeランチ&ティータイム
久しぶりの再会はなかなか話しが尽きず別れが名残惜りしかったね。。。

さてアンドリューくんは現在15歳のクロ♪ラブの男の子
13歳でインドへ渡印

とってもフレンドリーでおっとり穏やかな性格は
誰からも好かれるタイプ
                 
                 
                 DSC06083_サイズ変更
                                男前~♪ 2012年10月撮影

    
そしていよいよ暖連れで6月渡印へ。。
デリー着当日、オーランガバード行きの乗り継ぎ便がなかったため
F子さんのご好意にすっかり甘えさせていただき
暖ともども家族3人でお泊りさせていただきました

アンドリュー王子くんと暖さん
感謝・感激・感動のお初ですぅーは
次回のお楽しみに~~ね♪

F子さん
いつもいつも温かで頼りがいがあるアドバイスや情報もありがとうございます♪

私たち家族3人もオーランガバードでインド暮らしがんばっておりますよー 
  


myチャパティ

無性に美味しいパンが食べたい!と思うことありませんか?
(残念ながら今のところ出会っておりません)

インドの我が家にはオーブンレンジがありません
panasonicのある機種と決めたものの
置く場所確保に迷っており未だ購入ならずです
myこだわりの小麦粉も持ち込んだというのに手作りパンもかなわず。。。

なければないなりに何とかするしかないですよね

ではでは
チャパティ♪作りにLet's try~♪

チャパティは
インド*の家庭で日常的に食べられている
全粒粉を使って作った無発酵素焼きパン

*主に小麦栽培が盛んな北インドの主食

ちなみに
お馴染みのナンは発酵させた小麦粉(精製したもの)の生地を
窯に貼りつけて焼いたもの

一枚一枚フライパンで焼いていく過程が面白かったですよ
プーーーっと気泡が膨らんできたら表裏返す目安♪
                      DSC07916_サイズ変更


                            日本の薄力全粒粉deチャパティ
                      DSC07919_サイズ変更
                           おせんべいではないですよー

初めてにしては上出来と自己満足

本格的だね~とkenさんからお褒めの言葉(本心かしら?照れるなぁー)

今度はインドのチャパティ粉=アター(ATTA)でもチャレンジしてみたいな。。

しばらくは日本の薄力全粒粉deチャパティが
我が家のパン?になりそうです

やっぱりチャパティにはカレーが合うね~♪とふたりで同感

myカレーのご紹介はまたの機会にします

デュパタ

デュパタ(Dupatta)は
大判なストールとでも言いましょうか。。

インドの女性が首から肩へ巻き方にもよりますが
膝下程の長さにもなります

                  DSC07787_サイズ変更

fabiindiaのテーブルコーディとして使われていた
デュパタにひと目惚れ


                 DSC07887_サイズ変更

                 DSC07891_サイズ変更
               
                         260×90cmの大判サイズ 

コットン×シルクの柔らかな光沢感

ハンドブロックプリント

写真ではその風合いや美しいお色目が伝わりにくく残念です

このデュパタはインテリアアイテムとしてアレンジを楽しみたいなと思います

トレンドは黒糖かりんとう♪

                    DSC07775_サイズ変更


みなさんは
かりんとうをお好きでしょうか?

どら焼き⇒ きのこの山(チョコレート)に引き続き

会社のインド人のおじさま方の
日本のスイーツのトレンドは 黒糖かりんとう です

インドの方々は
女性だけでなく男性もかなり強い甘みのスイーツが大好物のようです


私もスイーツ好き女子でありますが

初めて
ホテルのレストランで食べた
グラブ・ジャムーンという印菓子の甘さにびっくり!!

ご一緒したインド人のおじさま方は
グラブ・ジャムーン+アイスクリームのデザートを
にこにこ満足顔で召し上がっておりました

グラブ・ジャムーンはとってもポピュラーな印菓子
ボール型のあげドーナッツのようなものを砂糖シロップに漬け込んだもの
(*あいにく写真はございません)

そうですね~
ダンキンドーナッツを甘―――い砂糖シロップに漬けこんだものをイメージしていただくと
よろしいかもです

黒糖かりんとう♪          

                DSC07776_サイズ変更


久しぶりに口にしました
カリッと黒糖の甘さが香ばしく素朴な懐かしいお味
なんともクセになる甘さですね


なるほどね。。。人気なのも納得です




暖の素顔

会社のH氏は多彩な趣味の持ち主

そのひとつであるカメラde写真

先日、エローラへ行く前に

暖を一眼レフで撮影をして下さいました(画像を落としてUP)

本当はもっと鮮明でキレイです

              002_サイズ変更

              003_サイズ変更
 
              004_サイズ変更

              005_サイズ変更

              006_サイズ変更
   
              
              007_サイズ変更

              008_サイズ変更

              009_サイズ変更

              010_サイズ変更

暖の表情が微妙に変化して行くのがわかりますね

親バカながらうふっ可愛い~

ちなみにリードの先は私

暖の目線の先は。。。H氏とkenさん 
  

エローラ観光の日

いい子でお留守番をしてくれました

ありがとう~暖さん        
 

ウラドダルホワイトホール

只今、使い易く美味しい自分好みの豆探し&研究中の私です

インドの豆類(ダル)は

ホールのまま、豆の皮をむいたもの、豆の皮をむいたものを半分に割ったものなど

同じ豆でも皮なしや形状が違うと豆の呼び名も変わって売られているようです

ウラドダルホワイトホールは

ウラドダル(元々は黒豆)の皮をむいた豆

                  DSC07725_サイズ変更

               左:日本米(松本産・コシヒカリ無洗米)  右:ウラドダルホワイトホール

初めはひと晩、水に浸し煮たのですが

30分程で柔らかく煮上がりました

2回目は1時間浸し置き⇒ 2度煮零す⇒ 30分程煮て蓋をしてから蒸し置きにする

とろ~り少し豆の食感が残るおかゆ状態になります


クセがなく豆の甘さもマイルド!そのままでも◎

とろみ感はとろ~りクリームスープやポタージュとして◎

野菜はたっぷり♪
   じゃがいも・タマネギ・にんじん・フレンチビーンズ・マッシュルーム
   スイートコーン(缶詰) 
                        
                        ウラドダル・ホワイトdeホワイトクリームシチュー                       
                         DSC07743_サイズ変更




ウラドダルホワイト×くず粉
ソースはメープルシロップ×抹茶×レモン汁

                        インド×日本de豆スイーツ
                   DSC07720_サイズ変更

私このウラドダルホワイト♪かなり好みです♪♪

お料理・スイーツにとアレンジが楽しめそうな予感

世界遺産!初めてのエローラ

我が家から車で約40分

世界遺産・エローラへ行って参りました

ナビゲーターは

こちらへ来られる方々の接待等で
すでに10回程エローラを訪れている

会社のH氏とkenさんです♪(プラス私de日本人トリオ^^)

世界遺産・エローラは

一枚岩を人力のみで削り造り出したデカン高原の石窟寺院群

それも3つの宗教が共存する雄大な34の石窟遺跡です
そして石窟の中には見事な彫刻の数々。。。

南から1~12窟  仏教
   13~29窟 ヒンドゥー教
   30~34窟 ジャイナ教

半日コースで80枚程写真を撮りましたが
いったいどうまとめましょう~?かというところです

ナビゲーターさまも雨季に訪れるのは初めて!

本日はちょうど曇り空・吹く風も心地良く

緑も美しい~観光客もまばらでこの時期訪れるのは穴場!だね。。

と申しておりました
                 
    
エローラの最大のみどころと言われているカイラーサ寺院(16窟)
            
                 DSC07791_サイズ変更

               
                     DSC07842_サイズ変更
               
                   DSC07833_サイズ変更


 10窟はエローラ唯一の礼拝堂
 ブッタのお顔が穏やかで美しく残っていたため印象深かったです

                   DSC07806_サイズ変更

                    DSC07810_サイズ変更
 
 
ジャイナ教石窟群へは初めてオートリクシャーで移動~

結構なスピードで坂道を飛ばし暫しジェットコースター気分♪
                 DSC07848_サイズ変更

ガイドブックには掲載されていない15窟がなかなかな見どころ!穴場でしたよ

。。。本日はここまで
またの機会をお楽しみに!

                DSC07811_サイズ変更

夏の風物詩

姪のSちゃんから
松本市筑摩の花火大会の写真が届きました


DCIM0040 (1)_サイズ変更


DCIM0013_サイズ変更

                         
澄んだ松本の夜空に

ドーーーンと勢いよく

空高く

ひと際華やかに。。。

夏の終わりを名残り惜しむよう咲く大輪の花


八月は  夢花火 わたしの心は 夏もよう


懐かしい私の好きなフレーズを想い出しました

Sちゃんありがとう

笑顔とありがとう♪の独立記念日

8月15日
日本は終戦記念日

インドは独立記念日で国民の祝日でした

kenさんの会社もお休み(金曜日/週休1日なのでとっても得をした感じ)

おかげさまで私

昨日大事をとって休養していたのと

夕食後もう一度、薬を服用したのが効いたのでしょうね

今朝は喉と耳の痛みはなく楽になっておりました

久しぶりにkenさんと一緒に

プロゾーンへ出かけたところ

独立記念日とあって、ひとひとひと。。。。

インド人の渦に巻き込まれそうな勢いでした

1Fのイベント広場では

Independence day(独立記念日)と題して

生バンド演奏、インディアンカラーのバルーンアートディスプレイなど

おおいに賑わっている模様

そんな様子をカメラにおさめようとしたところDSC07786_サイズ変更

                    あっという間に子どもたちに囲まれてしまいました

こちらオーランガバードにおいて外国人は非常に珍しい!


①自分たちを撮ってぇ ⇒ ②デジカメラにおさめる ⇒

③デジカメ画面に写った自分たちの姿をみて喜び納得♪ ⇒ 

④名前は何て言うの? ⇒ ⑤氏を名乗る ⇒⑥名前を聞かれ名を名乗る⇒

⑦一緒に撮ってぇ ⇒ ⑧ニコっと笑顔で(kenさんと私交代で)一緒の画面に入り③リピート

⑨thank you~ thank you thank you~..............でgood bye ~

*上記3回リピート


子どもたちの屈託のない笑顔は美しい   DSC07777_サイズ変更


万国共通ですね 
               
インドの子どもたちの純真な笑顔から元気をもらいましたよ

ありがとう

耳をパタパタの仕草にご用心

2、3日前から

肩や首筋のこり、カラダの節々が怠いなぁと思っていたところ

今朝、喉と左耳が痛くて目が覚めました

あ~~~私の風邪の初期症状

耳が痛くなる症状は亡くなった母譲り

こちらインドにおいて悪化は避けたい............

朝食後早速、以前耳鼻咽喉科(日本)で処方してもらった痛み止めと抗生剤を飲んで
様子をみることに。。。

本日はねらい目の火曜日!

冷蔵庫野菜室は人参1本

買い出しに出かけようとはりきっておりましたが大事をとって断念

時同じくして

我が家の暖さん

頭を横に振って耳をパタパタする仕草

やっぱり。。。ね

左耳にべったり茶色の耳垢=外耳炎を発症しておりました

日本に居るときから

毎年梅雨時になると外耳炎になってしまうため

ブラッシングプラス耳垢のチェックは私の毎日の日課です

垂れ耳のワンコは蒸れて外耳炎になり易い傾向にあるそうです

インドの雨季(6月下旬~9月頃まで)は長いので
かかりつけの獣医さんからいつものドルバロンを処方してもらい渡印。
DSC07573_サイズ変更

お薬を塗布すると耳のかゆみが楽になることがわかるのでしょうね

嫌がらず、耳の手入れと薬の塗布をさせてくれるので助かっています。

...................私のことを信頼している証でもありますね

耳が弱点なのは親譲り? DSC07381_サイズ変更


しばらくは無理せず用心するように致します

新参者

7月のある日

門から外へお散歩デビュー

ククンクンクンククン...............DSC07522_サイズ変更
暖にはどんな臭いがするのでしょうね

DSC07523_サイズ変更


通学途中の子どもたち

サリー姿のマダムやメイドさん

自転車・バイク・オートリクシャー・車・スクールバス・トラック

牛乳配達屋さん(バイク後部に牛乳缶を吊るしご近所へ配達)

ゴミ集めのおじさん(ピヒュ---------と笛を吹きながらやって来ます)

資源物収集らしきおじさん

野菜売り

バナナ売り・ココナッツ売り

日曜日には決まってドーナッツ売りらしきおじさんも登場します
(プッププッププププーーッだったかな?ラッパを吹きながら)

*モノ売りのインド人たちは大きな声で叫びながらあるいは笛やラッパを吹きながら
  自分の存在を知らせ、アピールします
 (*雨の日はお休み)

夕方には補助輪自転車の練習をする幼子たち(ニコニコ笑顔が可愛い)

ママと一緒にボール遊びやバトミントンをする子どもたち

夜更けにはバレーボールやクリケット練習をする少年たち

野良ワン

飼い犬ワン(自由気ままに放し飼いひとり勝手散歩)

飼いヤギたちも。。。。。

1ヶ月半住んでいますと
我が家の前の生活道路を行き交う様子や時間の流れがだんだんとわかるようになってきました
                       DSC07531_サイズ変更
                       注: 写真は120%良く見える場合がございます                    
                   

暖も初めての散歩は緊張したよね~

                      DSC07530_サイズ変更
       
                             ホッ。。。とした瞬間


今日からお盆の入りですね

両家ご先祖さま

いつも私たち家族を見守って下さりありがとうございます

そして
いつもいつも応援して下さるみなさまに感謝申し上げます

オニオンエコノミー&オニオンホワイト

玉ネギはインド料理には欠かせない野菜のひとつ

野菜売り場ではじゃがいもやトマト同様

山積みに盛られ売られています

日本では黄玉ねぎが多く出回っていますが
こちらインドでは小ぶりな紫タマネギが主流です

とは言っても、日本の鮮やかな紫玉ねぎとは違い

全体的に淡いうす紫色
です

そんな中、珍しく白い玉ねぎ=オニオンホワイトを陳列棚に発見!
                    
紫タマネギの3倍のお値段でした
                      DSC07758_サイズ変更

英語表記では紫タマネギは オニオンエコノミーとあります

やはりお値段の違いからでしょうかねぇ~^^

どちらも涙はこぼれます




果物と野菜のパズル

スターバザールの玩具コーナーで

かわいい面白いモノを見つけましたよ
                       DSC07750_サイズ変更
                  
20種類の野菜と果物を2ピースで組み合わせるジグソーパズルです

例えば
                       DSC07749_サイズ変更

ココナッツの実とココナッツの木

にんじんは土の中で育ちますのように

パズル遊びをしながら

自分たちが食べている野菜と果物が
どんな植物や木から育つんだろう?

遊びながら学べて自然と身につく食育ですね

もちろんジグソーパズルですから
組み合わせを間違えると2つのパズルは合いません

4歳児~対象のようです
こまちゃん食育応援団にぴったりね♪
....................................

少々難問登場です

                   DSC07746_サイズ変更

                        左 :ピース(Peas)     右 : ビーンズ(Beans)


どちらもマメ科です

日本では

ピース : サヤエンドウ・スナックエンドウ・グリンピースなど

ビーンズ : サヤインゲン・モロッコインゲン・そらまめなど がそれぞれの仲間です


                  DSC07747_サイズ変更



さてさて上手に組み合わせできるでしょうか?










正解は。。。上下の通りで 〇です

ガネーシャの乗り物と好物

インドは多彩な宗教が混在する神々の国としても有名

我が家には
先住インド人が置き残していった

インドの神様・ガネーシャがおります DSC07721_サイズ変更


富と繁栄、知恵と学問、幸福をもたらすなど

ヒンドゥー教の神々の中でも人気の高い神様だそうで

ホテルやレストラン内に祀られていることが多いそうです

............日本で言う招き猫のような存在かしら??

確かに
kenさんが滞在していたラマインターナショナルホテルにも

神々しく祀られておりました     DSC06971_サイズ変更


首から上は象・4本の腕を持ちぽっこり太鼓腹がトレードマーク

象と人間の姿を合わせ持つお姿の神様の乗り物って

何だと思います?        
                       DSC07714_サイズ変更


良ーく眺めますと足元におりますよ


正解は....................ネズミです

退治した悪魔をネズミに変えて
自分の乗りモノにしてしまったという神話が残っているそうです

やはり神様ゆえに超人的な力をお持ちなのでしょうかねえ~


さて私が日本からお連れしましたガネーシャは

こちらの本に登場します        
                    DSC07722_サイズ変更


なぜか流暢な関西弁を話し、とてつもなく怪しげな神様

思わずブハッと大笑いできて泣けて・・・そしてタメになります

そんな小説の中のガネーシャさまの大好物をご存じ?


こちらの小説を教えて下さった

N家長女さま

回答をいただいてもよろしいでしょうか?


ーー追記ーー

N家長女さまから

早速ご回答をいただきました!

ありがとうございます

そうなんです♪

大好物は   あ・ん・み・つ♪   です

私たちは あんこ好き









お酢

私は日本に居るときから

毎朝、酢を飲む習慣がありました

料理の仕上げにもひとふり。。と

酢のない食生活はありえないなぁーと言えるほど酢好きです

数多くある日本の食料品の中で

是非ともインドへ持ち込みたいランキングの上位に入っておりました

人類が作り出した最も古い調味料と云われている酢は

免疫力を上げる効果のある発酵食品のひとつです

クエン酸パワーで疲労回復食欲&消化吸収力をUP

また殺菌効果にも注目ですね

特にこちらインドでは効果発揮力に期待したいところです

大さじ1杯/1日を習慣にすることで

肥満や高血圧などの改善効果も期待されています

激辛&激甘好きなインドの方々にも是非ともおススメしたいわ

                  DSC07731_サイズ変更

                         まだまだ在庫もたくさんありま酢~











カリフラワーde3品レシピ

昨日購入した

あのなんともフレッシュな貴重なカリフラワー

美味しく彩りよく無駄なく食感も楽しみたい♪

そんな思いから料理した3品

                          カリフラワーと3色パプリカのインド風炒め
                        DSC07702_サイズ変更
                       
辛みは控えめに香りと彩りを楽しむスパイスを使用

・クミンシード
・ジンジャーパウダー
・ターメリック
・コリアンダー

仕上げにバルサミコ酢(白)ひとふりがポイント!

インド料理の刺激的な辛さが苦手な方にはお好みかと...マイルドな仕上がりになっております

ターメリックは彩りを楽しむスパイスですが、調理後あと片つけに難ありです

ターメリックの黄色い彩りが洗いスポンジに移ってしまうんです

今回はフライパンに残っているオリーブオイル・野菜の旨み・ターメリックの彩りに
茹でて刻んだカリフラワーの茎をプラス

                          冷蔵庫の冷やご飯de無駄なくエコ料理
                      DSC07709_サイズ変更

               小豆好きな私はインドでも小豆ごはんを焚いて食べていますよ♪


                          ツールダルとカリフラワーのスープ
                      DSC07706_サイズ変更

スパイスと同様インド料理には欠かせない乾燥豆

スーパーにも数多くの乾燥豆が並んでいます

どんなお豆が使い易く美味しいのかまだ自分好みの豆探し&研究中~です
                      DSC07716_サイズ変更
            左:お馴染み小豆   右:ツールダル

ツールダルは味が淡白で煮上がりが早いなぁと感じています。

コトコトと煮込んでいると
形が崩れとろりとしてくるのでスープとして〇

茹でたカリフラワーの蕾の部分を細かく刻んで加え
牛乳でスープをのばし塩ひとふり。
隠し味として味噌をプラス♪


ここでワンポイント!ヒンディー語レッスン

カリフラワー   フールゴビ
豆類        ダル(orダール)


美味しいお豆に出会えて

新発見なベジ豆料理も楽しめそうな予感がしてまいりました

ねらい目は火曜日?&チャレンジャー

このところ

心身ともに新鮮な野菜とビタミンCが足りない

いや飢えている私です

なんだか元気がでない
気分もちょっぴりブルー晴れないまま

本日は

プロゾーンにあるスターバザールへ。。。


おーーーーーーーっ

野菜売り場が! 野菜たちが!!
フレッシュフレッシュフレーッシュ~~

思わず聖子ちゃんの夏の扉(ご存じ?......笑)を口遊まずにはいられません


買い物意欲全快五感もフル回転でございます

キウイフルーツ(ニュージーランド産)も再入荷しておりました
買い溜めにと欲張って12個購入~♪

こちらに来てから

こんなに美しい新鮮なカリフラワーはお初にお目にかかりました

初めて購入しました          DSC07683_サイズ変更
         

オクラもトマトもフレンチビーンズも。。。
                   DSC07681_サイズ変更
  
                   DSC07684_サイズ変更

そして大根も            DSC07685_サイズ変更
            
それも葉つき大根

インドの大根(英語表記 ラディッシュホワイト)は
DSC07687_サイズ変更

     スレンダーなロングサイズです

こんなにフレッシュな大根ならば

大根サラダや酢のものなどシャキッと

たっぷりと生野菜として頂きたい........本心

でもこちらはインドですから

生野菜を食べるには

勇気ある決断とお腹と相談せねばなんですよね

新鮮な野菜に出会う機会が少なかったことと

そんな理由から

生野菜は

今まで我が家の食卓には登場しておりません
(あーーー悲しい現実

でも本日はほんの少しチャレンジャーになりましょう

                          生de大根甘酢漬け
              DSC07691_サイズ変更


                  塩で揉んでぎゅっと絞って甘酢で和えてみました

久しぶりに味わう生のコリコリとした懐かしい食感
あ~~美味しい!ふたりで感動~

                       大根葉は捨てずにあるものdeふりかけ
               DSC07690_サイズ変更


熱湯で茹でてからフライパンで水分がなくなるまで空煎り
⇒黒ゴマとこんぶとかつおぶしを加え、みりんと醤油で味つけ

本当でしたらここに桜エビの旨みと彩りをプラスしたいところなんですが
あと在庫1袋のみ......ここで使う訳には参りません

茹でてギュッと絞った大根葉はお味噌汁の彩りとしても〇
小分けにして冷凍保存もOKなので便利です

本日のメインは
               大根と干し椎茸と日高昆布のさっぱり煮
              DSC07694_サイズ変更


*注 日本にゆかりある食材等は渡印時に日本からインドへ持ち込んだものです

あ~~~嬉しい!新鮮な野菜たちと出会えて幸せな一日でした


ここでワンポイント!

使えるヒンディー語レッスン♪

野菜は サブジー 

大根は ムーリ 








お手伝い犬

不用になった空き箱や段ボールを折りたたんでいると


ぼくも手伝うよ!。。。

すかさず私たちの輪に仲間入り~
                  DSC07609_サイズ変更



時間が経つにつれ

次第に。。。

お手伝い犬・暖さん ヒートアップ

                    DSC07610_サイズ変更

 
あのぅーすでに散らかしに入っているんですけど                  
                    DSC07611_サイズ変更
                          
                       一心不乱・一緒懸命さが妙に笑えます


暖のお気に召すままに。。。ね



チョコレートキャラメル

こちらはインドのコイン合わせて Rs 8 
                      DSC07487_サイズ変更


こちらは

買い物をしておつりとして頂いた Rs 8
         
                      DSC07486_サイズ変更


レジにおつりのないときは

ラッキー!?なことにチョコレートキャラメルをもらえます


レジで買い物の精算をお札で支払おうとしますと

”細かいお金はありませんか?”
”コインはないのか?”

丁寧語あるいは命令口調かは存じませんが

多分....ヒンディー語(あるいはマラティー語?)でこんな風に言われている感じをうけます

ここでワンポイント!

使えるヒンディー語レッスン♪


あいにく。。細かいお金を持ちあわせていない時

ありません(ない)。。。は


ナイーン です

正式には 
ナヒーン のようですが

ナイーン ナイーン と2回繰り返しましょう

レジ係の方の笑顔がちらりとこぼれるのを見ることができますよ

*kenさん伝授法?であります 





コンパクトなレモン絞り器

先のブログ内でもご紹介しましたが

インドのレモンは可愛いミニサイズ!

30~40gとちょうど日本のスダチくらいの大きさでしょうか

レモン絞り器もそれに合わせてコンパクトサイズなんですよ

インド人マダムらしき女性がトレードマークのCRYSTALのモノをチョイス♪ 

                      
                      DSC07676_サイズ変更
                        
                          
お値段は Rs 180 でした

半分にカットしたレモンの切り口を下にして
                      DSC07649_サイズ変更
                  
                      DSC07651_サイズ変更

テコの原理でぎゅ~っと絞ります
                     
             DSC07650_サイズ変更
         
シンプルなデザインが〇
手にも妙に馴染み
楽に無駄なく絞れますよ

なかなかの優れものです

F子さん(デリー近郊・グルガオン在住)も推奨

インドの家庭にも

あると便利なキッチンツールとして

一家に一台あるのかしら?

コンビニ桃太郎

本日、1週間の中国(上海・広州)出張を終え、kenさんが無事我が家へ帰って来ました

帰り便は 広州⇒香港⇒バンコク⇒デリー(1泊)と長旅お疲れさまでした

留守中はドライバーさんとの行き違いなど少々の難事件はありましたが

........無事!...............事なきを得ました。

今までピーーーンと張りつめていた糸が急に緩んで

ホッとひと安心、嬉しい~は言うまでもなくですが。。。

久しぶりにインド人以外を見た!今までに感じたことのないあら?不思議な感覚でした。

さらにさらに

感謝・感激・感動~です 
             
広州の日本食材店で机いっぱい覆うほどの日本食を調達してきてくれました!
               
                      DSC07654_サイズ変更

日本に住んでいる時には

レトルト食品コーナーはほとんどスルーで

私にとってレトルト食品はご縁のないモノでした
(レトルト食品業界さま&レトルト食品さまごめんなさい)

でもですね。。。


やはり日本人ですから

日本のモノが非常に恋しく懐かしくなるんですよね

所変われば。。

今まで見えていなかったものが見えてきたり

見たくないものを見ざる負えなくなったり

いつもと違ういろんな方向から

あらたに自分自身を見つめ直す

学びの場であり良いチャンスなのかも知れませんね



さて調達した日本食材店の名前ですが

N家ご先祖さまが眠るゆかりの地

岡山と言えば。。桃から生まれた!桃太郎~
                       
                    DSC07657_サイズ変更

やっぱり日本の桃太郎は心強く、頼もしい存在でした

ほんと不思議とご縁って繋がるものですね

桃太郎さん・ご先祖さま・kenさん

いつもいつもありがとうございます


そして

ともに留守を守り過ごした暖よ

ありがとう
                      暖さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。