FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

待てば叶うものもある

まさにずばり!

私の今の心境を代弁しているかのような新聞の見出し

                  DSC09354_サイズ変更

                 ちなみに新聞は。。読売新聞2013年1月20日付

香港経由で
                  DSC09356_サイズ変更

日本の食材と野菜と果物が届きました

いつもながらチャレンジャー精神とたくさんのお心遣いに感謝です!

オーランガバードで調達可能なきのこは

輸入食材コーナーにあるマッシュルームのみ

今夜はなめこと豆腐の味噌汁ですね

仕上げにと

刻みねぎをパラパラな~んて最高!なんですけれどねー ← ささやかな欲望 

私の大好きな野菜上位ランキングに入るかぼちゃも

観賞用のかぼちゃを食べてしまった!?こちらをクリック→ 

以来、インドのかぼちゃは信用できず口にしておりません

久々ににタジン鍋登場~♪
                 DSC09368_サイズ変更

塩とエキストラバージンオリーブオイルde極上の美味しさ

素材の味が生きている!!日本の野菜は

シンプル イズ ベスト!!でございま~す

あ~~日本の野菜たちよ

ありがとう~
スポンサーサイト

胸騒ぎ

このところ

野良ワンが増えたなぁ~と思っていると

どこからともなく

DOG VAN と書かれたブルーのトラックがやって来ます

今回は夕刻時

ちょうど我が家の前に車が止まったので写真におさめることができました
                       DSC09372_サイズ変更
                         あら~ヤギさんたちは夕方のお散歩ですね

体格のいい強面のおじさん(に見えるけれど?)たちが

片手にお縄を持ち

これからインド版・捕り物帳でも始めるおつもり?

なんだかね~重々しい空気といや~な雰囲気が流れるんです

実際野良ワンを捕まえたところを見たことはありませんが

鉄格子のあるトラックの荷台には

数頭のワンコたちが乗っています

この子たちの行先は何処なんだろう?

正直、私は野良ワンは好きではありません

矛盾しているようですが

あのトラックを目にすると

胸がざわめき

心中穏やかではいられない私です


ナシックへの旅③

ヨークワイナリーは

スーラよりもこじんまりとした家庭的な雰囲気のするワイナリーという印象をうけました

看板犬?それとも居ついてしまったのかな?

すご~くフレンドリーなお茶目なワンコが

お出迎えをしてくれますよ
                    IMG_4446_サイズ変更

訪れた時間帯が16時過ぎでしたので

太陽の位置もだいぶ西へと傾き

後方の湖面を背景に

ぶどうの緑葉がいっそう明るく生き生きと

美しく映えて見えました
DSC09234_サイズ変更

そして

ななんとインドにもあるのですよ

                             DSC09244_サイズ変更
                    かかしのお姿に感動~^^                                  


ヨークワインでは白・ロゼ・赤の4種類をテイスティング
                         DSC09238_サイズ変更

                         DSC09239_サイズ変更


3人ともすでに舌もお腹も大満足で+ほろ酔い加減も◎

本当の意味でのテイスティングができたかは?ですが

お味も認知度の方もこれからのワイナリーなのかしらね

                        DSC09242_サイズ変更

                        DSC09243_サイズ変更

ぶどうの房・ワイングラス・イニシャルのYとの調和がとれた

シンプルなデザインと微妙な色使いはお洒落で素敵よね

そしてふたりの目に留まってしまった

                       DSC09241_サイズ変更

                               ”私を買って!”の文字

ハァー!

ハァー!!。。ワインもたくさん仕入れたことですし即決~♪

カードで支払いを済ませ持ち帰ろうと車のトランクへ入れようとしたのですが

大きすぎて入らナイーン。。

そこで3日後到着予定で家へ配送していただくことにしました

期日通り到着したのはよいものの

輸送状態が悪いのか荷扱いが粗雑なのか← たぶん両方よね~^_^;

あちらこちらボコボコで使えましぇん!

ボコボコ状態の写真付きで新品の再送依頼をし

昨日新品で無事到~着~♪のはずが

                     DSC09360_サイズ変更
                       

またしても角が潰れ壊れてるぅー

試運転するも使用上問題なし

新品で購入しても

少々難あり

使えれば良し!なのがインド流!?も慣れました ←日本ではあり得ないことですよね

がしかし

あらら。。困ったことに

在庫ワインがいつの間にか乏しく

ワインクーラーに入れるボトルが品薄ですよー

またナシックの旅へと出かけましょう~ね


ご参考までに。。

スーラワイナリー&ヨークワイナリーのテイスティング時には

その都度ワイングラスを交換しません!

通して同じグラスでのテイスティングとなります 

これまたインド流?らしい~


ナシックへの旅②

ワイナリー内に併設するリストランテ・リトルイタリーdeランチ

          DSC09217_サイズ変更

広々としたエントラスの空間から

店内の雰囲気やお味の方も期待できそうな予感


                     DSC09219_サイズ変更

ブライトなイエロー(壁にはランダムにワイン底が埋められています)は
スカイブルーとの補色対比を計算し配色されたのかしらね?

                     DSC09222_サイズ変更
           ワイナリーならではの空き瓶deコーディネートも小洒落た雰囲気でしたよ

あらためましてスーラワインの中でも
                    DSC09223_サイズ変更

ビンテージものと言われている?ラサde乾~杯♪
 

オーランガバードへ来てから

私初めて!本格派イタリアンを堪能しました

                  DSC09225_サイズ変更


                  DSC09226_サイズ変更

                  DSC09228_サイズ変更

*ご参考までに。。

シーザーサラダはレタスの新鮮さがいまいちでNGでした

昼間のアルコールは酔いが回るのが早いと申します

気分はほろ酔いから良い酔い気分の境を彷徨いつつ

お腹は大満足のまま

スーラワインから車で3分程のヨークワインへと続きます


IMG_4442_サイズ変更

お~~雑! やはり酔いがまわっていたようですね~ナハハ♪♪

ナシックへの旅①

このところ強くないアルコールの量が増えつつあるインド生活です

ワインの在庫もあることですしね^^

さてさて

11日にH氏と3人でナシックのワイナリーを訪れたお話です

大変失礼ながらまさかこのインドにワイナリーが存在するとは?

インド在住者のみならず誰でも思う?であろう素朴な疑問


ナシック(Nashik)はマハラシュトラ州にあるワインの生産地

北緯約19度、アラビア海に面したウェスト・ガート山脈の最北部に位置し

海抜600~750mの地形が冷涼な気候を誘導し

ワイン用のブドウ生産を可能にしたのだそうです

まずは
おひげ顔の太陽がトレードマークのSula Vineyards へ

スーラワインの創設者でCEOのサマント氏は
(スタンフォード大卒・シリコンヴァレーで仕事をしていたインド人経営者)

                    DSC09194_サイズ変更

ナシックがカリフォルニアの気候と土地に似ていることから

カリフォルニアの醸造技術をとり入れ

1999年産のブドウからワイン生産を始め

2000年に初出荷しスーラワインを誕生させました

ワイナリーの2Fにはワインバーとワイン・グッズ・ショップがあり

テラス席からはぶどう畑が一望できます
                      IMG_4418_サイズ変更

                    
インドにいることを忘れてしまいそう~な爽快な空気感

そよ吹く風もなんて心地良く肌に優しいのかしら~

気のせいでは決してなくってよ

ここはインドよね~?確かにインドよねぇ~と自分に問いかける私

                    DSC09172_サイズ変更

もちろん気分も爽快♪

無事到着を祝ってグラスワインde乾~杯♪
               DSC09177_サイズ変更
      
                フルーティで爽やかな白ワインは私的にはおススメ♪

                     DSC09180_サイズ変更

                     DSC09184_サイズ変更

                     DSC09183_サイズ変更
                             

その後ワイン醸造所見学をしワイン醸造工程等の説明をうけます
                     DSC09190_サイズ変更

                   
そしてスパークリング・白・ロゼ・赤6種類のワインのテイスティング♪
                       DSC09201_サイズ変更

                       DSC09204_サイズ変更

                       DSC09206_サイズ変更

                       DSC09208_サイズ変更

                       DSC09209_サイズ変更

                       DSC09210_サイズ変更

ショップでワイン・ワイングラス・Tシャツ・ポロシャツ・チョコレートを

大人買い~♪  

*ご参考までに。。

お土産にと買ったチョコレートはNG!とチョコレート好きなkenさん

 そんな訳でチョコレートはどなたのお土産にもならずでした。。残念~

スーラワインは日本にも輸出され伊勢丹・新宿店のワインショップでも購入できます

 昨年一時帰国時(2012年10月)に

 社)日本ソムリエ協会認定・ソムリエではなく

 ワインアドバイザーさんにお聞きしてみました

 インドのワインはどんなお料理と相性がよろしいですか?

 インドのワインですから。。やはりスパイシーなインド料理にですね

 はやっ迷うことなく即答~~♪

 ご最も!!なアドバイスをありがとうございます^_^;

インド共和国記念日

今日はインドの共和国記念日で祝日

1950年1月26日に憲法が発布され共和国となったことを記念する日だそうです

日本でいう憲法記念日でしょうか

やったぁ~

我が家はディワリ(11月13~15日)以来ひっさしぶりの2連休♪

とは言うものの

kenさんは会社の式典に出席するため

早朝小一時間ほど出かけて行きました

慶事にはランゴリを描くのはインドの習わしなのですね

                    IMG_4614_サイズ変更
                        
ランゴリの前で整列し国旗掲揚後、国家斉唱したそうです
  
                    IMG_4617_サイズ変更

失礼ながら。。kenさんはもちろんクチパクだわねぇ~^^


我が家は家族3人deまったりと暖らん日和



                    DSC09011_サイズ変更
                                 ねぇ~何の日?
                                       

以心伝心

今日、買い物へ行く途中

街中で偶然にもMさんがご主人の車に乗り込むところを見かけました

ちょうどMさんにお願いしたいことがあり

連絡しようと思っていたところでしたので

なんてラッキー☆なの~ 

地方都市と言えども

オーランガバードは推定人口125万~150万人とも

そんな中お会いできるなんてやっぱり以心伝心かしらね

私の依頼事もいつもながら快くOK~♪

オーランガバード在住初の日本人女性の私にとって

日本の文化を理解し

日本語を話せるMさんの存在は偉大です!!

ダンニャワード

辛口コメント

り便
例のエアインディアで

飲みものにとあえてコーヒーを頼んでみました
               
                    DSC09312_サイズ変更

ひと口つけるなり

想定内?想定外?

これはコーヒーではナイーン(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

コーヒーの持つ芳醇なアロマや味わいは何処へ。。

お隣りの裕福そうな太鼓腹のインド人おじさま

シュガースティックを3本入れて満足気なお顔でした。。^_^;?


本日は気分的に

どんよりはっきりとしない曇空

明日は気分入れかえてがんばりましょう~

デリー&グルガオン弾丸ツアー④

さて。。

グルメなF子さんは

お料理好きでお料理もお上手 ←本人はお料理道具好き♪とおっしゃっておりますが。。ね^^

いつもながら

手作りの心温まる美味しいお料理でおもてなしをしてくださいます

がしかし。。なぜ?に写真がないのか!?

インドへ来てから

少々わたくし。。美味しいもん♪に飢えているようでして

お料理の写真撮影をすることなど忘れ去り

わ~~~美味しそうとまずは視覚で感謝・感激・感動し

すぐに

箸・フォーク・スプーン・・・と手が出てしまう!

撮影する心の余裕などナイーンな私^^

気がついたときにはすでに遅し。。食事も半ば過ぎ

自分ながらなんて卑しいひとになってしまったんだろう~

いかん!そんなことではいかんのです!と思いつつ

致しかたない。。ここはインドですから~と自分の甘さに居直る私。。ナハ♪


さてデリー&グルガオン弾丸ツアー2日目

DLFプロムナード(デリー)とうショッピングモールにある

L'OPERA (オペラ)でF子さんおススメのクロワッサンを購入

私。。クロワッサンには少々こだわりを持っておりますの。。オホホ

流石!本場フランス人パン職人が焼いただけあります

                    DSC09317_サイズ変更

しばらくはお洒落にパリジェンヌ気分の朝食を楽しめそう~♪

その後日本料理店「居酒屋」でランチ

前回訪れたときは確か私はつくね弁当を食べたよね~ 

今回は軽めのランチにとふたりde2種類のお寿司をシェア

                   DSC09305_サイズ変更


う~~~ん美味しいーー!!の言葉しか出てきません

あーー幸せ~満面な笑顔のふたりを想像してくださいね

ランチは軽めにして

Tea Timeは別腹の弾丸トーク女子

お隣りのインドで超高級ショッピングモールDLFエンポリオへ

なんでも大使館や富裕層(大金持ち)をターゲットにしたモールで

日本のみなさんも良くご存じの欧米の高級ブランドブティックが

お高く誇らしげに並びショーウインドーを眺めているだけでも

インドに居ることを忘れられます

お店の名前は何でした?

私は前回同様苺のタルトをリピ♪

またしても。。

あらら私としたことが
 
                     DSC09309_サイズ変更

                          実はひと口の裏がありますよん^^

F子さん!

このたびも

心尽くしのお気遣いと美味しいおもてなしをありがとうございました

次回のデリー&グルガオン弾丸トーク買い出しツアーも

楽しみにしていますね




 

デリー&グルガオン弾丸ツアー③

今回の旅でも

                       DSC09293_サイズ変更
                              
                     
癒し系~男前アンドリュー王子くん

元気な姿で待っていてくれました
                        DSC09301_サイズ変更

                        DSC09295_サイズ変更
                                 わんべいをぺろりん

夕方6時過ぎの散歩

陽が落ちるとグルガオンの風と空気は

手の指先がかじかむほど冷たく ←特に私は末端冷え症なのでそう感じちゃったのかも。。

久しぶりに寒~い信州の冬を思い出しました 

                        DSC09290_サイズ変更
                       
あったかコートに身を包み

寒さ対策と体調管理万全ね

いつもながら

穏やかな優しい王子くんの顔は

ぼくね。。ママ大好き~

愛情たっぷり大切に育ててもらったんだよ。。と物語っているようです




本日のおまけ

                   DSC08429_サイズ変更

                    ぼくもアンドリュー兄ちゃんに会いたかったよ~ん  
                                               2012.10.19撮影

                 

デリー&グルガオン弾丸ツアー②

テンション上がりっぱなしのまま

日本食材をたっぷり仕入れた大河インディアを後にし

向った先は
デリーの渋谷?と呼ばれている
GKー1Nブロックマーケットへ連れて行ってもらいました

ガイドブックにも掲載されていて

ファブリック製品のお店をはじめ、洗練されたインテリア雑貨のお店が立ち並ぶ

おしゃれに敏感な女子には嬉しいショッピングエリア

イメージしていたよりもエリアは狭い感じでした

お店散策の前にまずはランチタイム

グルメなF子さんおススメの

Ciro's Pomodoro of Knightsbridge 1978 というイタリアンへ
         
                        DSC09286_サイズ変更

アメリカンバーの雰囲気のするスタイリッシュな店内は

いかにもお金持ち

ハイセンス感漂うデリー的インド人女子で賑わっておりましたよ

(注:ちなみにサリー姿の女子はひとりもおりませんよ)

ふたりでシェアしたふた品

                        DSC09287_サイズ変更


                        DSC09288_サイズ変更


ほんとうはピザをオーダーしたのですが

あらら?ナスのラザニアに。。。OK~OK~♪

オーダーミスとはいえ
このラザニアかなり私好み(F子さん好み♪)で美味しかったですよ

お腹も満足したところで

アノーキ(ANOKHI)やファビインディア(Fabiindia)などのファブリック製品のお店散策

アノーキでシルク100%・光沢感の美しい茜色チュニックを購入

                       DSC09319_サイズ変更

カラーは日本でしたら即決のブラックですが最後までどちらかにするか迷いに迷いました

カラダに程よく沿うラインとシンプルなデザインは

あ~~ん('_')
やっぱりブラックも買えば良かった!。。と

この旅、唯一の後悔です!← 近くに住んでいればお店へ走って即買いな私

もうひと品は

                       DSC09321_サイズ変更

                                 コットンのヘアバンド

F子さん:kenさんへのお土産だね。。。ナハ♪バレてました(*^_^*)ね。


気に入ってくれたようで洗髪後に愛用しておりますよん ←変なひとではなく普通のひと

デリー&グルガオン弾丸ツアー①

デリー&グルガオン弾丸ツアー1日目

18日 オーランガバード発8:55→デリー着10:50

スパイスジェットは

定刻通り発着すると言われているインド格安航空会社

隣りに乗り合わせた感じの良いビジネスマン風インド人男性は

偶然にもF子さんが住んでいるグルガオンにお住まいがあるとのこと

これから友だちに会いに行くんですよ~(もちろんルンルンルン♪顔よね~私)

デリーは寒いよ~昨晩はびっくり!氷(ひょう)が降ったんだよ。。などと話しが弾み

何かあったら携帯へ電話をと名刺をくださった ← まぁご丁寧にどうもありがとう!

F子さんからデリー&グルガオン(北インド)は

日中はコートやオーバーを羽織らなくてもいいほどに気温は上昇してきているものの

朝晩は冷え込むからね~と聞いていたので

あったか対策として

この冬初めて、ウールのセーターとストールなどを準備してのおでかけ

スパイスジェットはローカル色漂う国内線ターミナル1-Dの到着で

私、初めて降り立ちました

外は雨!えっー!?乾期なのに雨?。。わたしは決して雨おんなではありましぇ~ん

また夜中に氷を降らせるような偉大なるパワーも持ち合わせておりません

ノーマルな日本人です

なんだか魅惑&不思議インド弾丸ツアーの序章にぴったりな感じでしょ♪

ターミナル1-Dのビルを出たところで
お迎えに来て下さったF子さんと約2ヶ月半ぶりの嬉しい~感激の再会

その後ドライバーさんが待つ駐車場へ移動

......................

駐車場近くで突然

”おっはよーござぁいま~す”

細身の長身おひげ顔のインド人が

わたしのトランクを持とうと近くに寄ってきた

無視。無視。。無視。。。絶対目を合わさないぞぉぅ.......................完全無視!

隣りのF子さん。。

あのぅー

うちのドライバーなんですけどぅ。。。

.............................................................

ブッッ。ブハァ~はははあ~~~~

ふたりで大うけ大笑い。。

デリーは地方のオーランガバードと違ってね

こすからいひとが多いですからね

自分の身は自分で守らないとね~の精神がゆえに

お疑いをおかけしましたご無礼を

ドライバーさんお許しくださいね~^_^;

そして車に乗り込むや否や

想定内の弾丸女子トーク炸裂~~♪

あ~楽しい!あー嬉しい~♪♪

テンション上がりっぱなしのまま

日本食材屋・大河インディアへ向ったのでした

カラダも心も豊かになるね

行きはよいよいスパイスジェット

帰りは怖いエアインディアはフライト時間が想定内の1時間遅れでしたが

無事我が家へ戻って参りました!

今回の旅の目的のひとつ

日本食材と美味しいもんの買い出し

イグローのクーラーボックスには

冷凍品と冷蔵品をたっぷり入れてきましたよ ←ご無事で何よりでした                    
                    DSC09315_サイズ変更
                 
                          なになに?興味深々の暖さん   
                      

日本レストランやホテルにも卸しているという

日本食材屋・大河インディア(デリー)では日本食材を調達

業務用の冷凍庫にはあるはあるは懐かしの日本食材!

扉を開くたび

わ~わ~わ~~

久しぶりのご対面に

テンションアップアップ感動の嵐

少々お値段は高めですが

ぶり・しめ鯖・お刺身用サーモン

小鯛のささ漬け・銀むつの西京漬け

もちろんお肉も納豆も...etc。。

購入しただけでも大大大満足♪大喜び~♪♪心が豊かになりますね

F子さんに仕入れていただいた特大えびと大えび・イカはキロ単位の計3kg


                    DSC09318_サイズ変更
                             カラダと心に優しそうな野菜たち

オーガニック野菜は

是非とも生で素材の美味しさをたっぷり味わいたいと思います

kenさんは私の帰宅を待って間もなく

お楽しみのプネ(1泊2日)へと出かけて行きました

明日は愛しの暖さんとまったりと過ごそうと思います



                                         

ひとり旅

明日から

Andrew Travel プロデュース

デリー&グルガオンツアーへ

1泊2日ひとりで出かけます

弾丸女子トークも炸裂しそうな予感

王子くんとも久しぶりの再会!

今からとっても楽しみだわ~

kenさん&暖さん

お留守番をよろしくね

すごーく前進だと思う

kenさんが出社して間もなく

私の携帯電話が鳴り、忘れ物をしたのかな?と

携帯画面を見る。。。

な!なんと!!電話をかけてきた主はお手伝いくん

ハロー お手伝いくんの名前を呼び確認 ← わたし

ハァ~ ← B(お手伝いくんとします)  *ハァ=マラティ語deイエスの意

アジ ノー?  ← わたし  *アジ=マラティ語de今日の意

ハァ ハァ~  ← B 

ティケー ダンニャワード ← わたし  *ティケ=マラティ語deオーケーの意

ダンニャワード ← B


苦節2ヶ月超ー!ときは流れ過ぎ

初めて!!!!
(強調させていただきます!) ←ばんざ~い!ばんざ~い!!ばんざ~い!!!と
三唱したい気分

お手伝いくんが休むことを電話で事前連絡してきましたよ

*日本では当然のことで大喜びするところではナイーン^^ですね

先日の日曜日も無断欠勤したばかりで

勝手に月曜定休日返上(なぜに?ほぼ定休日返上?)でやって来る

あなたは自由人ですか? ←プチストレス

そこでMさんを通して休むときは電話連絡してね。。と再度伝えてもらいました

そのときの受け応えです

ななんと............

わたしの電話番号を知らないとな。。

なぬ!?。。 ← 私の心のお叫び

もしもしお手伝いくん。。

ずっと前にP氏を通して電話番号を書いたメモを渡したよね~

確認のため、私の携帯番号⇔お手伝いくんの携帯番号をかけ合いましたよね~

Mさんを通して

休んでもいいけれど休むときは

電話連絡してね。。
電話代がかかるようであればワン切りでOK!私がかけ直すとお願いしましたよね~

まぁ。。わたしはお・と・なですから

以上のことは自分の胸にとどめましたよ

それに問いただすのも疲れます。

一応あらためまして

私の電話番号をお手伝いくんの携帯へ教えた次第であります

インド人でありながら日本の文化を知るMさんに

その辺のことを突っ込んで伺いました

Mさん宅には3人のお手伝いさんが出入りしているそうです

休むときは連絡してね。。と何回言っても無断で休むのよね~

なるほどね。。私学びました

オーランガバードでは

お手伝いさん&お手伝いくんの無断欠勤は”あきらめ”るしかない!?

Mさんにもそういうものなんですねぇ~と

会話を交わしほぼあきらめました私

100%の人間はいませんし

私ももちろん100%ではナイーンなちっぽけな人間です

それに

無断欠勤以外お手伝いくんは

きちんとしっかりと教えた掃除&暖の世話ができ

今では我が家の戦力であります

ようやくここに来て

休む=電話連絡をする

お手伝いくんの中で理解ができ繋がったようです

早速きょうの出来事をkenさんへ報告♪

kenさん: よかったよかった!

     これで半歩前進だね~(*^_^*)


半歩??たったの半歩ですかぁ~?

単純のようですが私の中ではすごーーーく進歩&前進なんですけどぉ~

ある意味・・

kenさん良~くお手伝いくんのことご存じで理解しているようですね^_^;

コミニュケーションとは

伝え方はさまざま

相手を良く理解し

相手にどうわかりやすく伝えるられるか。。

自分自身を見つめ直し、自分を知ることも

良いコミュケーションの第一歩ですね

今日は我が家の

good コミュニケーション記念日とします

ダンニャワード

スイートスイートスピーキング?

今日買い物に出かける前に

ドライバーさんがビニール袋に入った

小さな砂糖菓子を私の手のひらに20粒くらい出してくれました

ちょうど

日本の金平糖を直径5㎜くらいの大きさにした砂糖菓子をイメージしていただければOK~!

会社でH氏とkenさんも食べた。。と言っているようでしたので

私もその場でいただきました

ドライバーさん:ゴーダゴーダボラ???って ←そんな風につぶやいたような。。

会社から帰宅したkenさんにドライバーさんとの

きょうの出来事を報告~♪

なんでも今日は

マカラサンクラーンティ?というお祭りで 

目下のものが目上のものに甘いお菓子を配るとか。。

(*立場上、目上のものになっておりますのわたし。。。すみません)

甘いお菓子をもらったひと(私とします)は

”ゴーダゴーダボラ?”(スイートスイートスピーキング)と言って

お菓子をくれたひと(ドライバーさん)に

優しく話すようにする?とか。。 ←どう言う意図かは?

そうなの。。

あははぁ~

わたし。。ドライバーさんのつぶやきを全くとして無視しちゃいました^^

でも砂糖菓子をニコニコ顔でいただいたから

よいよい。。キモチは伝わったよねぇ~

インド(ここだけの話?)にはいろんなお祭り?があるんですね

まだまだこれからですよ私

未知の魅惑&不思議インド体験は続きます

好きなの。。3

                      DSC09267_サイズ変更
                                     いない


                      DSC09268_サイズ変更
                                     いない


                      DSC09265_サイズ変更
                                      ばぁー

                     
                      DSC09270_サイズ変更
                     
                                Have sweet dreams!

繰り返すことの大切さ

昨日はナシックにあるふたつのワイナリー(スーラワインとヨークワイン)へ行って来ました
                      DSC09214_サイズ変更
                  

世界遺産・エローラやダウラダバード要塞は半日観光が可能な場所にありますが

ナシックはオーランガバードより200㎞弱の位置にあり

早朝に出発したとしても夜帰宅の一日観光となってしまいます

そこで今回初めての試みとして

暖の世話(散歩・おしっこ・うんうん・夕ご飯・遊び)をお手伝いくんに

任せて出かけることにしました

                    DSC09158_サイズ変更
                         ぼくいい子でお留守番するよ

日本では散歩中のうんうんの後始末(放置せずに持ち帰る)は

飼い主の最低のマナーでありモラルになっていますよね

でもこちらでは路上にそのまま放置することが当たり前で常識になっているようなもの

隣のジミーちゃん(とってもフレンドリーで可愛いんですけれどね)は

なんてたって♪ひとり勝手散歩ですから~

もちろんそののときに用をたしています^^

宗教上(浄・不浄)・文化の違いから

お手伝いくんが暖のうんうんの後始末をできるのか

頼んでも良いものかと

最初は悩んだりもしましたが

ありがたいことに我が家流暖の世話を嫌がらずに覚えてくれました


でもなんてたって♪言葉の壁がありますから

前日まで

Mさんには何回も電話での通訳をお願いしました

(私⇔Mさん⇔お手伝いくん)

また門番さんへは
お手伝いくんが暖を散歩中
野良ワンと拾い食いに注意をするようケアを頼んだり。。


そしてわたしは

今まで繰り返ししてきた掃除&暖の世話の流れを

お手伝いくんに理解しやすいようイラストにして説明し

                   DSC09262_サイズ変更

当日机に貼って念には念の入れようー ←大切な息子ですからね

私たちが夜8時半前に帰宅したとき

暖がいつもと変わらない陽気な笑顔で迎えてくれたことと

                       DSC09254_サイズ変更
          
毎日の努力が実を結んだね。。と言ってくれたkenさんの言葉が

日々繰り返しがんばって教えてきた私への何よりのご褒美♪

うるうる~~嬉しかったよ

みなさんの協力のもと初めて私たち一日観光をすることができました!

ダンニャワード

いい子でお留守番してくれた暖よ
                  
                  DSC09256_サイズ変更
                       ぼくにもご褒美ちょーだい

いつもありがとう

ナシックで過ごした贅沢な時間については

またゆっくりと綴っていきたいと思います

お楽しみにね☆




インド綿2

今日は再びMさんと一緒に

布地屋さん・マッチウェルに行って来ました

前回の様子はこちらから→ 

相変わらず店内は

サリーやパンジャビドレス姿の女性で賑わい

1Fだけでもざっと数えて店員さんは15名ほどで活気に溢れ

お店が商売繁盛していることが伺えます

                  DSC09145_サイズ変更
                                             
                 
さて今回は

私の中でイメージしていたカラーバリエーション♪

無地中心に35種類の布地を購入

                   DSC09156_サイズ変更
                      

インド綿de色遊び・布遊び・花遊び

インドで私の好きなこと・楽しい時間は広がっています

新じゃがのようで干し柿のようです

先月から

野菜売り場に新じゃがと新玉ねぎが山盛りに並ぶようになりました

やはり旬の野菜はインドでも美味しい~♪

さて果物棚に陳列されている中に

これはいったい???

以前より気になりながらも

見た目からして

購買意欲が湧かない果物がありました

まるで外見は小さめ(直径5cm程)な新じゃがさん♪

英語表記:SAPOTA ROUND とあります

少しインターネットで調べてみましょう~


アカテツ科サポジラ属

英名:サポジラ(Sapodilla)

原産地は熱帯アメリカ・メキシコ・西インド諸島周辺

樹木は20~30mになる常緑高木

樹液からはチューイングガムの原料となチクルが摂れるので

チューイングガムノキとも

また果実がじゃがいもに似ているのでツリーポテトとも呼ばれているそうです

果実は

新じゃが似の卵形~球形(5~10㎝)で30品種ほどあるそうです

なんと日本では沖縄で栽培されているようです

私は初めて知りました


                 DSC09120_サイズ変更

                             下:未熟果  上:完熟果
 
                 DSC09123_サイズ変更
                         柿の種似の種が2~6個

                       
未熟果・追熟果(写真がなくてごめんなさい)・完熟果の3種を食べ比べてみました

未熟果。。 わっ!シブ~~!まるで渋柿のよう(そのまま食べられず)

追熟果。。 熟し始めた甘柿似の甘さで程よい硬さは私好み

完熟果。。 わーーー!今度は甘過ぎ~ませんかぁ
      甘みが強く(糖度はかなり高そう)まるでジューシーな干し柿を食べているようです


追熟果・完熟果ともザラっとする舌触りがあり

食感と甘みが不思議とハマる魅惑なインドフルーツです

                     

マラティ語ではチークーと言います

先月我が家のガーデンにも

チークーの苗木が新しく2本仲間入りしましたよ

                    DSC09132_サイズ変更
                                  大きくな~れ

花柄のワンピース

オーランガバードへ来て

初めて洋服を買いました

fabiindiaの花柄膝丈Aラインのワンピ―ス♪

あらっ~かなり季節先どり!?の綿麻素材 
 
                      DSC09142_サイズ変更
                                


fabiindiaは

元々はイギリス人が

インドの綿や綿織物・紅茶などの物資を

イギリス本土へ運ぶために創った会社だそうです


胸元から肩にかけてのラインが細く

胸元タックデザインもお気に入り♪
                        DSC09141_サイズ変更

英国風~お嬢さま気分を

お洒落に気どってみたいときの

装い着といたしましょう

魅惑なスパイシースナック菓子

只今

我が家のふたりがハマっている

インドスパイシースナック菓子

バカルワディ
                     DSC09135_サイズ変更

渦まきの中に香辛料が練り込まれていて

後からホーーーーーッ!と辛さが迫ってくる

激辛ではないスパイシーさが

またもうひとつと。。

あとをひく魅惑な美味しさの秘密か!?

生地は小麦粉とひよこ豆の粉でできていて

メーカーによって生地の硬さやブレンドされている香辛料も多少違いがあります

                   DSC09136_サイズ変更

ちなみにGarden(ミニサイズもあり)は

噛み応えのある硬めの生地

私たちは写真上のバカルワディ派

外の生地はサクっと系

香辛料は

チリ・クミン・コリアンダーパウダー
コリアンダーリーフ
タマリンドペースト、セサミ・ココナッツ

インドで食するがゆえにハマリ度上昇中~なのかしらね

是非とも日本の友にも食べていただきたい

インドの魅惑系スナック菓子です

ターゲットは誰?

少々寄り道をしました

さてもとの道(一本道)へ戻ります

頂上まで

おそらくは行き交うインド人の方々と

次から次へと100回は握手したかと。。(大袈裟ではなくってよ。。オホホ)

写真攻めにもあいました

空気は乾燥しているものの

済んだ青空の下そんな交流も楽しく嬉しい道のりです

                  DSC09062_サイズ変更
                           落ちても保証がなさそうな橋を渡ります

                  DSC09063_サイズ変更
                      敵を落とし入れたか!?日本でいうお堀ですね

そうこうしているうちに洞窟に入ります

                  DSC09067_サイズ変更

                  DSC09064_サイズ変更

やっぱりね

洞窟に入るなり想定内の臭い(+_+)

世界遺産・エローラの洞窟内で体験済みで

my嗅覚はしっかりと学習し忘れられない

コウモリ臭!

暗闇の中キィーキキッーッキー

天井にはどんだけ~?←またまた登場~もう。。ねぇ古い!?

想像するだけで恐ろしい~

見ない見ない。。暗くて見えないけれど

                  DSC09068_サイズ変更

                       


みなさんはコウモリ臭をご存じ?

一度嗅覚が学習してしまったら

決して忘れることはできないかもよ。。きっと


ご参考までに。。③

足元灯として小さな懐中電灯を持参することをおススメします

(コウモリも見られます^^)

洞窟を抜けると

眩しい陽ざしと明るい青空は待っていてくれたものの

私たちにさらなる試練?が待ちうけているとは

想像もつかなかったわね


あっ

我が家にも遊びに来てくれたモンキー!だよ♪。。と

kenさんとの会話が弾んだのも

つかの間


                    DSC09074_サイズ変更


えっっ

待って。。うそでしょ


まるで私たちを待ち伏せしていたかのように

モンキーズが私たちに近づいて来る?

来る!来るよ~!

勇敢なkenさん!?:早く逃げろー

頂上めざし途中から同行してきたインド人ボーイたちとわたしは

ダッーシュ~! 

私的には猛ダッシュで逃げた!走った!走った!!

坂道を駆け上がるには

日頃の運動不足解消~どころか

心臓バクバク。足ガクガク~

あ~~~~~!! ←後方よりkenさんの叫び声

kenさんが襲われた!? 

.........................................................

狙われたのは。。kenさんではなく

kenさんが手に持っていた布袋(中には水が入った水筒2本・スカーフ・ウィンダーinゼリー)

モンキーズも学習済!

ひとが持っている袋の中に食べものがあることを

学習し、手に持っている荷物をねらうんだそうです

kenさんのカラダは
あの長~~い手足のモンキーズに傷つけられることなく無事!!

袋も難を逃れ無事!!

                       DSC09080_サイズ変更
                           イェーーイ!!

ご参考までに。。④
もちろん、わたしバージョンのイェーーイ!!もある訳でして
妙にフレンドリーな肩の手。。どう?ねぇどう~                                      

ご想像通り行きも帰りも怖いとうりゃんせ~♪

帰り道は

キャーーーーーー!事態になるものの

行き交う心優しきインド人のみなさんに助けられ

モンキーズに出くわした場合のアドバイスも伝授

ご参考までに。。⑤

ダウラタバ^-ド要塞の頂上をめざすときの教訓

1.手さげのような手荷物は持たない(ショルダーバッグは狙いません)

2.単独行動は避け、インド人グループの中へ紛れ込む

3.モンキーズとは目を合わさず、ゆっくりと行動せよ ←無理、無理。。


頂上まであとひと息

                  DSC09082_サイズ変更
 
                          青空に手が届きそうな一枚

頂上からは360度パノラマデカン高原が一望できます

                 DSC09089_サイズ変更
                      
                 DSC09087_サイズ変更
                                     イェーーイ!!②
                      

                 DSC09088_サイズ変更

乾期のデカン高原はまだまだ続きます。。


                   DSC09059_サイズ変更
                                 私の好きな一枚


                         
                           2013年も暖ともどもよろしくお願い致します                                  


                   

ちょっと。。横道それます

ダウラタバード要塞の続きの前に

ちょっぴり横道それても良いかしら~

家から歩いて5分程の場所でしょうか

インド人御用達・ちょっとした地元の商店街?があります

車から眺めながらも以前から気になっていた

お店を覗いてみました

                   DSC09109_サイズ変更

               
薬・スナック菓子・日用雑貨等が揃う

日本でいうファミリードラッグ的なお店かな

                      DSC09105_サイズ変更


                  DSC09104_サイズ変更
                             インドスイーツ菓子が山積み~

                  DSC09106_サイズ変更

                  DSC09107_サイズ変更
           インドソルト菓子(マサラが効いたスパイシーなスナック菓子)
 
                    DSC09108_サイズ変更
                         ドラえもんも登場~

                   DSC09112_サイズ変更


この中に只今ハマっているスパイシーなスナック菓子あり(またご紹介しますね)
                     

                         DSC09110_サイズ変更

           
お店の前には

なかなか新鮮で良さげな野菜が並んでいましたよ

ラッキ~

手前のお客さんにご注目ください

サングラスナイーンの月光仮面です♪            


次回は月光仮面姿de野菜を買いにやって来よう~(もちろん明るいうちにね

Happy アドベンチャー New Year

今日はkenさんがお休みをとったので

ダウラタバード要塞へ行って来ました

インドdeお正月らしい?おでかけイベント!

日頃の運動不足解消もかねて

テンションアップ

家を8時45分出発

家から車で約35分程の距離

世界遺産のエローラへ行く途中にあります

                   DSC09044_サイズ変更

ダウラタバード要塞は

1187年ヒンズー教徒が ← 日本は1192年鎌倉幕府が始まった頃ですね

ムガール帝国・第6代皇帝アウランガゼーブ(イスラム教徒)が

攻め込んで来たときに築いた砦です

                    DSC09045_サイズ変更

                    DSC09048_サイズ変更

                    DSC09049_サイズ変更

                           DSC09047_サイズ変更

頂上に通じる道が1本という造りで

敵(ムガール帝国)にとっては難攻不落の砦だったそうですが

                      DSC09055_サイズ変更                  
                                      チャントミナール


最終的には兵糧攻めで降参させ勝利の証として

1435年チャント・ミナール(勝利の塔・65~70m)を築きました

*ご参考までに。。

ムガール帝国第5代皇帝・シャージャハーンは

父でありあの有名なタージマハールを築きました

チャントミナールはクトゥミナール(デリー)に次ぐ

インドで2番目に高い塔だそうです

                                
頂上めざし

いざ出陣~♪。。と

はりきったものの

                    DSC09051_サイズ変更

暑い!!大きなハットをかぶってきて大正解◎!

午前中なのに気温はグングン上昇している模様


頂上まで小一時間で登れるはずなんですが

大変フレンドリーなインド人の若ものたちよ♪

あのぅー対人距離間がとっても近いんですけどご勘弁を~ ←写真攻め

*ご参考までに。。②

インド人同士は他人との距離間が異常に近い ←理解しておりますよ


砦にお住まいになるモンキーたちよご勘弁を~~ ←想定外のアクシデントがぁ~((+_+))

そんなオモシロ?アドベンチャーの続きは

次回のお楽しみにね


本日もインド晴れ

真っ青の空高く美しい一日でした

深呼吸

風が吹いている~♪


                   DSC09024_サイズ変更
  
                               ぼくはここで生きていく   2013.1.1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。