FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

Happy Christmas サンタがやって来た!!?

年の瀬に

???

タイトル

間違っておりましぇん

kenさんが日本出張から戻って参りましたぁヽ(^o^)丿

             DSC02056_サイズ変更

遅ればせながらの

うふっ

忙しい最中の

その気持ちがとっても嬉しかったよ


私たちからは

再び

今更ながら~の

             
                fc2blog_20131231003133b4a.jpg


                fc2blog_201312310312074f2.jpg


                fc2blog_20131231031338622.jpg
                 
                          笑顔のサンタ


今年も

ご縁で繋がっているみなさんから

たくさん応援して頂き支えてもらった一年でした

なにより

その優しさや温かさが

幸せだなぁと思える

こころの豊かさを育ませていただいています

また私の拙いブログにも

おつき合いいただきありがとうございました


これからも

どこにいても感謝する気持ちは忘れず

いまある場所で

できることを精一杯

家族とともに

明るく、楽しく

無理なく←インドですから~

日々大切に

がんばっていこう!と思っています


みなさんにとっても

新しい年が

健康で幸多き一年でありますように。。

ダンニャワード
スポンサーサイト

聖なる水の行方

家へ持ち帰ったガンガーの水

              DSC01902_サイズ変更


1本はお約束通り、Gくんの元へ

で。。もう1本は


未だわが家にあります


ここで

女医のドクターNについて少々

クリニックは

わが家からバイクで10分以内の場所 

往診診療可能なクリニックであることから

留守中の暖の体調チェックに来てもらってます 

獣医になって9年目

人柄も良く、犬好きなんだけれど

時間にとっーーてもルーズ!!な方でして

なかなかね

決めた時間を守れない

守らないだけでなく

電話連絡なく何回かすっぽかされてます ←インド人的にはノープロブレムなんでしょうか


今回もね

ガンガーの水を取りに寄って下さい。。と連絡し

ドクターが指定した日の時間に待つも


連絡なしに。。。現われず


未だなしのつぶて


???

日本人的には???わからん


しばらく放っておこう~というkenさんに従ってる次第 


そんな訳で

わが家の家宝!?になりつつあるガンガーの水


さて本題のTDS値ですね


わが家のRO水値は 現在 18~20ppm

以前にROシステムの記事で綴りましたが


 TDS (Total Dissolve Solid:総溶解不純物濃度)=水の中に溶け込んでいる不純物濃度のこと
     ⇒水質検査の基本だそうです

 人間の飲み水としては100ppm以下が安全性が高いと言われているそうです
 

 ご参考までに

 kenさんがROシステムを学んだ
 Winsor Castle Hotel のTDS値は 
    
 RO前は595ppm ⇒ RO後は30ppm 
       

ROシステムについての記事はこちらをクリック →


なんと

驚くべき値がぁ~~(@_@;)


11月25日  50ppm ←私留守中にてkenさんが測定したので写真なし

約1ヶ月後

12月28日  79ppm

             DSC02055_サイズ変更



100年経ったら腐らないかはわからんですが


ガンガーの水はやはり聖なる水!!か?


うひょーー


謎は深まりますね~~~(*^_^*)~


ダンニャワード 

聖なる地・リシュケシュへの旅②

翌日 24日

リシュケシュの地に昇る朝陽も

川面に映えて

息をのむほどの美しさ

                fc2blog_2013122800371019b.jpg


空気もひんやり澄んでいて

なんだか神秘的なワンシーンを観ているようでした


ヒンズー教徒の人々にとっては

一生に一度は訪れたい聖地であるようですが

すべてのひとが叶えられる訳ではないようです


そして訪れたヒンズー教徒は

ガンジス川(ガンガー)の水=聖なる水を

持ち帰りプジャ(お祈り)に使うそうです


そこで暖とお留守番中の

Gくんに

ガンガーの水欲しい?

と聞いたところ、迷わず即答の イエス でした


また留守中

暖の体調管理にと往診を頼んでいる女医のドクターNは

リシュケシュへ行くと言っただけでね

ガンガーの水を持って帰って来て!。。と言われちゃいました


           fc2blog_201312280039139c3.jpg

。。てな訳でガンガーの水くみ中~



            fc2blog_201312282349209c0.jpg


              四人deガンガー水片手にハイ!ポーズ♪ アンちゃんも側にいるよん


旅をともにした

F子さん家のドライバーさんは ← 空港の送り迎え等、いつも大変お世話になっております

なぜかリシュケシュの水ではなく

リシュケシュより下流の

リシュケシュ同様・ヒンズー教聖地のひとつ

                DSC01891_サイズ変更


ハリドワール(神の門という意味だそうです)の水を汲んで

持ち帰ってました


ガンジス川といえばバラナシの沐浴をイメージするのでは^^


ハリドワールでは

                DSC01893_サイズ変更


実際に沐浴したり

泳いでいる姿を目にすることができました

               DSC01894_サイズ変更

それはそれは多くのインド人で賑わっておりましたよー


。。。で


ドライバーさん曰く


ガンガーの水は


100年経っても腐らない!


。。と自信ありげに言いきってましたよね~(*^_^*)


ほんと~なんでしょうか



てな訳で

聖なるガンガーの水のTDS値を測定してみました!へと続きます

ダンニャワード






聖なる地・リシュケシュへの旅

Andrew'smomことF子さんの愛犬

アンドリューくんが天国へ召されてから

もうすぐ7ヶ月
                  DSC01887_サイズ変更
                  

少し前のことになります

11月23日~24日

アンドリューくんの最期の弔いにとリシュケシュへ

私たちもお供させて頂きました


リシュケシュは

ガンジス川の上流に位置し

ヒンズー教徒にとっての聖地であり

国際的にもヨガの聖地として有名です




ガンジス川に美しい夕日が沈む頃

               





普通は

葉でできた小さな器にマリーゴールドなどの花々(写真右上)を飾り

その花の器をガンジス河に流してプジャ(お祈り)をするそうです


日本の精霊流しに似ているなと思いました




アンドリューくん用にと

骨壺を中央に置き

たくさんの可愛い花の器で飾られた華やかなリースができあがりました


                    キャンドルを灯します


ガンジスの川面に映る夕日の中


いよいよ旅立ちのとき



KさんとF子さんおふたりの溢れんばかりの愛情に包まれ



穏やかに流れる大河に抱かれながら





ゆっくりと静かに

大河の如く

アンドリューくんの

厳かで華やかな美しい旅立ちでした


ガンジス川に手を合わせながら

祈りを捧げ流した涙は

私たちにとっても

一生忘れることのできない

心に残る大切な思い出となりました


アンドリューくんが

引き寄せてくれた出会いとご縁に感謝です

               DSC00109_サイズ変更
               アンお兄ちゃんありがとう! 暖    2013.5.10撮影


Kさん・永遠のアンドリュー王子・F子さん

ありがとうございました


ダンニャワード

四輪に板

野菜、果物売りは毎日


折りたたまれた段ボールや新聞紙がのっているから

多分日本でいう廃品回収屋さんかなぁ~はときどき


何と言っているかはわからナイーン

大きな声で呼び込むように

家の前の通りを行き交う


わが家では馴染みの

四輪に板!


?な新顔

           DSC01993_サイズ変更
                   
                    

このお兄さんがやって来ると

ご近所のマダムが四輪に板の回りに集まってくる


私もご近所に習えで

そそくさと便乗~


四輪に板の上には

採りたてかな?と思う新鮮な野菜がのっていて

 
この日はちょうどほしかったキャベツとトマトを買いました

               DSC01996_サイズ変更
                          〆てRs25なり by量り売り



ある道路際

野菜や果物がのっている四輪に板が密集していて

地元インド人の買い物客で賑わっている場所があります


ごみごみしているから(ゴミも含む)

未だ、車から降りたつ勇気ナイーン^_^;


思うに。。きっと


インド版マルシェに違いないよん(*^_^*)



ダンニャワード

おひさまでぬくぬく

室内のひんやり感から脱~出♪

屋外の暑さが

なぜか心地良く感じるオーランガバードの冬


この寒暑の頃は

薔薇の花が咲きはじめから散り際まで

長く楽しめるから好き


              DSC01910_サイズ変更


              DSC01916_サイズ変更


              DSC01909_サイズ変更
              

一年前に植えてもらった

花やハーブも随分大きく成長したなぁ


              DSC01928_サイズ変更


              DSC01943_サイズ変更




逆光になってしまったからかな?不思議な一枚 
              
                DSC01929_サイズ変更
                   

写真中央に映るは

ハーブの一種・トゥルシー

シソ科なので葉や種を手で優しく撫でると

懐かしいシソの香りがします

インドでは神の木とも言われ

ご近所は鉢植えにして置いていて

トゥルシーに向かってお祈りをするのだそう


先日わが家に立ち寄ったMさんが

こんなに大きなトゥルシーは見たことないわ~。。と

感動してました


トゥルシーの周りからはね

聖なる空気が出でいるんですってよ


庭の木々の緑や花やハーブを眺めながら

               DSC01927_サイズ変更


               DSC01922_サイズ変更


暖との日向ぼっこ時間も 


               DSC01950_サイズ変更


日々の癒しの時間


大切にしたいね


ダンニャワード

友だちだから・甘えた編

暖とGくんは

ほんと仲良しである


             DSC02009_サイズ変更
                     お決まりの股くぐりで大歓迎


           DSC02003_サイズ変更
                                             2013.12.23撮影


これまた微笑ましい光景ではありますが


ちと妬けるな ← myつぶやき。。ナハ



明るく楽しく

笑顔の老後。。ヽ(^。^)ノバンザイ


ダンニャワード

友だちだから・お手伝い編

暖はGくんがやって来ると

ストーカー化し、側をつきまとう



ぼくの

友だちだからね


ぼくも手伝うよ


              DSC01976_サイズ変更


              DSC01977_サイズ変更


              DSC01978_サイズ変更

              DSC01979_サイズ変更
                    お見事!パチパチ



Gくんが走ると

しっぽをビュンビュンして

元気に追いかけっこ

DSC01986_サイズ変更
                  待って~~         2013.12.21撮影


ふたりの微笑ましい光景をみていると


暖が痙攣発作を起こしたことを忘れてしまいそう


元気ハツラツ

何より。何より。。(*^_^*)


若いパワーに負けてるな^^わ・た・し ←myつぶやき


ダンニャワード 

ベイビー♪あったか対策

こちらは

気忙しくない

ゆっくりとしたインド時間が流れる師走を迎えています

今年のオーランガバードの冬は 

昨年よりも寒い

といいますか昨年が例年になく

暖かな冬だったようです


とはいうものの

日中の最高気温は

毎日30℃手前まで上がります

それは暑いんじゃないの~と言われそうですが

このところ朝の冷え込みは厳しい~


とはいうものの

最低気温は10℃くらい


私たちがインドの暑さに慣れてしまって

10℃程度でも寒いな~と

感じるようになってしまったのかもね~


信州の極寒の冬に比べたら

何を甘えてるーと喝を入れられそうー^^ゞ


でもね

保温性のないレンガ造りと

わが家の石の床(大理石ではナイーン)の室内は
                           
ひんやーり~としていて温まらない


そんな屋内で過ごす暖は

たとえ毛皮を着ていたとしても

まともに冷えを感じるているんじゃないかな


増して。。


わが家には暖房設備がナイーン


先日ベビーショップで

暖のあったかブランケットを購入しました

店員さんは

まさかわんこ用にとは

思わなかったでしょうね


だって

ベビーサイズって嵩張らず

洗濯機丸洗いOKだし

肌触りもふんわりしていて

わんこサイズに良い感じ~♪


ベビーものは

優しいソフトトーンのほんわかとしたお色目のものが多いですよね

これは世界共通ですね



少々大きなベイビ~ですが


            DSC01991_サイズ変更

可愛い~♪

ぬくぬく

あったかく

寝んねだね  ←完全にベイビー扱い^_^;

               DSC01999_サイズ変更


ダンニャワード

老いと向き合い受け入れる

先週の木曜日 12日 11pm

突然

暖のカラダに大きな痙攣発作がおきました


いつものように

夜のトイレを済ませ

暖が寝室の自分のベットで眠りについたとき

私たちは

すぐ隣のリビングに居ました


寝室からうめき声にも似た

うなるような声とともに

ガタガタっというモノ音で暖の異変に気がつきました


自分の意志とは反して

天井を仰ぐように仰向けになり

両足をバタバタさせながら

カラダ全体を揺らしながら倒れ込んだ暖


慌ててかけより

そっと抱え込んだときには

黄色い胃液のような嘔吐があり



だーーーーっん!!!。。と


私たちの叫ぶ声には反応がなく

弱々しい呼吸は乱れ

意識朦朧状態になってしまいました



ぐったりする暖を腕の中で抱えながら

自然と溢れでる涙を止めることができず


大袈裟のようですが

もうこれが最期のときかも。

私の腕の中で。。と

初めて覚悟を決めた夜でもありました


幸いにも

夜中にも関わらず

私たちが信頼している獣医・ドクターバーデッカー ← ブログでは初めての登場です

に診察してもらうことができました



暖にとって

オーランガバードで唯一の友だちであろう

お手伝いGくんにも会わせてあげたかった

連絡したらすぐに駆けつけてくれ

グッボーイ グッボーイ 

ダイジョウブ ダイジョウブ。。。と言って

暖の心に寄り添ってくれました


暖を励ましながらクリニックに着いたのは11:30pmをまわっていました


ドクターによると

熱もなく心拍数も普通だから

血糖値が下がったことによる痙攣発作であろうという診察でした

弛緩剤の注射をしてもらい落ち着きを取りもどした暖

救われた。。。と思いました


翌日血液検査をし

結果、ドクターの最初の診察通り

血糖値のみ正常範囲より低い数値でした


加齢による低血糖症であろうということでした

(ちょうど1ヶ月前の血液検査では血糖値は正常範囲だったのですが。。。)



あれから約1週間

ドクターのススメで

今まで通りの食事量を 2回/1日から3回/1日へ

毎食後、水にグルコースーDを混ぜて飲ませています


その後大きな痙攣発作はおこさず

元気を取り戻していますが

少々暖の行動に心配なところがでています


今回のカラダの異変に一番びっくりしたのは暖本人でしょう


犬は7歳からシニア世代となると言われています

ひとも犬も

誰でも通るであろう老いの道


まだまだ見た目には

若い。。と思っていても

暖も12歳

×7歳とすれば ひとでいう80歳を過ぎます



親として

老いと向き合い

老いを受け入れる


責任と覚悟の心の準備をする年齢なんですよね


今回の出来事でも

ドクターはじめ力になってくれたみなさんに

感謝の気持ちがつのります


               DSC01923_サイズ変更



しばらく

ご無沙汰をしてしまいました

またぼちぼち。。。と綴っていきたいなと思います



ダンニャワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。