FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

アグラ城とタージマハールの旅4



赤砂岩でできた正門をくぐると

感動~*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*のタージマハールが見えてきます

ここで

白矢印のひとに注目← タージマハールの霊廟に入るまで

私たちの専属・熟練?カメラマンとなったインド人


タージマハールへ入場する前

ガイドさんから

タージマハールを背にベストな撮影スポットで

記念撮影はどうですか?

…とすすめられた


12枚(一冊)で Rs1200 だと言う




しかーし

ガイドが


ぽそりと

撮っただけね…と呟いた言葉を


わたしは

聞き逃さなかったよーん( ̄+ー ̄)


まっ

フフっ~( ̄+ー ̄)

はじめっから

ガイドとカメラマンは繋がっていることは

わかっていたしね


いい写真が撮れれば良いかなぁ~…と

お願いをした次第…。


正門をくぐり

白亜の美しいシンメトリー(左右対称)

タージマハールとのご対面


アゲイ~ン🎶














ここで

ガイドから簡単な説明をうけ

自由行動となり

カメラマンと一緒の霊廟までの道のりが長かったぁ~


あーせい

こーせい

インド人だったならば

喜んでしますだ~♪のポーズをさせられ ←わたしたちのお年で(≧∇≦)


ご参考までに

まだ許される範囲のポーズ



ゆっくりと眺めながら

タージマハールを魅入る時間などない訳で

( ̄(工) ̄)



撮られた枚数は

25枚

つまりお値段はRs2500 日本円で約5000円


まっ

想定内ですね


出来上がった一冊がこちら




いつの日か

親しい方々へお見せしよう~と思っています

なかなか普段しないふたりでのポーズが笑えるよん^o^


さて霊廟には

靴カバーをつけて入ります



霊廟の中には

シャー・ジャハーン帝とムムタズ・マハール妃の石棺が並んでありますが

実はそれらはレプリカで地下の墓室に安置されているそうです


霊廟内は撮影禁止!!

なのだけれど

係員に注意されながらも

我れ先にと

カメラを向け撮影をしておりました

多くのインド人 ←秩序というものがございません



霊廟からの眺め

正門と同じくアラビア文字は黒大理石で描かれています




イスラムの天界をモチーフにしたという庭園

幾何学的にデザインされた芝生も美しく手入れされています



霊廟の裏に回りますと

ヤムナ川対岸に公園マターブ・バーグが見えます



この写真、中央地には

皇帝自らの墓として

黒大理石を使って黒タージを造り

ヤムナ川にはふたつのタージを結ぶ橋をかける計画をしていたそうです


……が

幽閉の身となり

叶わぬ夢となりました


皇帝の中では

橋で繋がった

白大理石と黒大理石のタージとのシンメトリーが

完成形だったのでしょうね


想像するだけで

皇帝の

見果てぬ夢

果てなき浪漫を感じますね


タージマハルを2時間見学した後は

ランチタイムと

大理石工場を見学(またもガイドとバイヤーに嵌められる)←想定内( ̄+ー ̄)


最後に

マターブ・バーグへ



植物園になっているので緑も多く

その上ひとも少なく

タージマハルを静かにゆっくり眺められて

ホッとできる場所



マターブ・バーグからの眺めは

通称 ‘裏タージ’ と呼ばれます





皇帝の叶わぬ夢の跡








タージ・マハール(Taj Mahal) 1983年 世界文化遺産登録


スポンサーサイト

アグラ城とタージマハールの旅 3


アグラの旅での

インド人ガイドさん

明るくって

よーくしゃべる ← 無口で暗いインド人を、わたしは知らない

説明し

当然のことながら

おすすめ撮影スポットをよくご存知でして


一度

わたしのiPadで私たちを撮ってもらったら ←お願いしていないのだけれど


それ以来

彼の片手には

わたしのiPadあるいはiPhonが……あり


おすすめスポットに来る

たびに

私たち入りde写真撮影~ (~_~;)



そんな訳で

ここからは


悪しからず…………


ふたり入りの写真が多くなります


さて時代は

第5代皇帝シャー・ジャハーンに移ります


シャー・ジャハーン帝は

白大理石を好み

城は白大理石や金細工などで

贅を尽くし豪華に造営されました



カース・マハール (皇帝の寝室)

夏涼しく冬暖かくの工夫がされていました



かつては、壁や天井には金や宝石が埋め込まれていたそうですが

イギリス統治時代に盗難にあったそうです



さて

いよいよ

ムサンマン・ブルジュ



元々は

シャー・ジャハーン帝が愛妃ムムタズ・マハールの居室として

建てた八角の塔でした

……が

晩年は

あまりの散財ぶりを見かねた息子第6代皇帝アウラングゼーブによって

皇帝の座から引き降ろされ、幽閉されたことから

「囚われの塔」と呼ばれます



シャー・ジャハーン帝は

この塔で

亡くなるまでの7年間

亡き愛妃に想いを馳せながら

タージマハールを眺め暮らしたと言われています


当時には珍しく室内には噴水も備わっていたそう……



父皇帝を幽閉し、皇位継承争いで兄弟3人の首を刎ね

ひぃーー((((;゚Д゚)))))))恐ろしや~~の

悪評高き第6代皇帝 アウラングゼーブ(Aurangzeb)

その時代には帝国の領土はインドデカン高原まで広がりました


………でこの辺から

お気づきになりましたぁ~!?


私たちが住むオーランガバード(Aurangabad)

アウランガバードとも発音し、そう呼ぶひともいます


Aurangabad = アウラングゼーブ帝が支配した街のことで

この地を自身の拠点としたそうです


私たちとは

全くご縁のないアウラングゼーブ帝ですが


かつてその皇帝に支配され

その名のまま街名が残ったオーランガバードから

やって来た私たち


囚われの塔から眺めるタージマハール

不思議と

ちょっぴり複雑な気持ちだわね~


な~んて

魅惑のインドの歴史を紐解く…………


どこでその紐が繋がっているかは

わかりませんね~♪


さてアグラ城も終盤にさしかかってまいりました


ディワニ・カース (来賓接見の間)


みなのもの

ひかえおろう~……の一般市民との巨大謁見の間 (ディワニ・アーム)



正面奥(写真右奥)には玉座がありますが

重厚な3廊式の柱で外(一般市民)からは見えないように設計されています


約1時間かけて見学終了


アグラ城(Agra Fort) 1983年 世界文化遺産登録


タージマハールへ向かいます


ダンニャワード

アグラ城とタージマハールの旅 2

今回のアグラへの旅は

H.I.Sデリー支店にガイドさん(インド人)と車を手配してもらいました


朝6:15 (トライデントH グルガオン)出発

→ デリーアグラ間は高速道路 ヤムナ・エキスプレスウェイ(2012年開通) を利用

途中S.Aで20分休憩 → 10:30 にアグラ城へ到着


アグラ城を語るには

暫し~

インド史とガイドさんの説明を

おさらいせねば

だね~♪



古都アグラのヤムナ川西岸に建つアグラ城は

16世紀前半~約300年間、繁栄を誇ったムガール帝国の全盛期に建てられた城


最も華やいだ時代の歴代の皇帝が住んだ城として知られ

その時代の皇帝たちによって、アグラ城は造営されました


現在、城の70%はインド軍関係の施設として使用され

公開されているのは全体の30%だそうです



さて

まずは

第3代皇帝アクバルは

デリーから遷都し、帝国繁栄の基礎を築いたと言われています


この地で産出する赤砂岩で造られた城は、「赤い城」と呼ばれ

帝国の強大な権力の象徴だったそうです


アマル・シン・ゲート


青、白、みどりなどのイスラム様式のモザイクが赤砂岩に映えて美しい



高い壁に囲まれた回廊は、敵が攻め入ったとき

すぐわかるよう、馬の足音や物音などが共鳴する仕組みになっていました


赤砂岩の門をくぐると


アクバル帝が王妃と息子第4代皇帝ジャハンギールのために造った



シンメトリー(左右対称)が美しい ジャハンギール宮殿



宮殿前には皇帝の石造りの浴槽

覗いてみると

中には降りる階段もあり

ずいぶん大きく広くて深い


この時代に浴槽に浸かる習慣があったのかしらん?

……とふと思う ← が皇帝だったら何でもありだね~と考え直す


アクバル帝はイスラム以外の宗教に対しも寛容であったことが知られ

宮殿にはイスラムとヒンズー様式を融合したデザインが多い



上下両方の写真に、蓮の花のモチーフがあるのがわかるかしらん?




さて門をくぐると

中庭を囲むように部屋が並ぶ




暑い国だけあって

風の通り道を考え設計されていますね~



んで……ひとやすみ。


さて時代は

タージマハールを建造したことで有名な

第5代皇帝 シャー・ジャハーンへ

続く……。


ダンニャワード


アグラ城とタージマハールの旅 1

昨日 午前11時41分

ネパールのカトマンズを震源とするマグニチュード7.8

の大地震がおきました

現時点で1800人以上の方が犠牲にあわれたと報じられています

犠牲者の方々のご冥福をお祈りするとともに

被害が拡大しませんよう願います


ちょうど地震がおきたその頃

アグラ城とタージマハールの旅に来ていた私たちは

アグラ城の観光を終えタージマハールへ向かう車中でした

…が全く揺れは感じませんでしたし

地震が起きた事も知りませんでした


北インドに位置するアグラ市内の一部でも

家の壁が落ちるなどの被害があったようです


ムガール帝国、第5代皇帝シャージャハーンが

亡くなった王妃のために

1631年から22年いう長い年月をかけて

造られた総大理石の霊廟

世界で最も美しい墓といわれている

タージマハール


360年以上という時を越え


目の前に現れし


その美しき姿に
















同じ場所に居ながら


異空間に吸い込まれそうな錯覚に落ち入り


暫し言葉を失い


息を飲む



本体を囲む4本のミナレットは

万が一地震が起きたとき

本体側に崩れてこないよう計算され

2.3度外向きに傾き建てられているそうです


今回の地震で

早速、タージマハールに被害がないかチェックが入ったようです


アグラ城とタージマハールの旅の様子は

あらためて……。


ダンニャワード



がらがらバッグ 再び

インド綿de再び~

がらがらバッグ作りました


ほんとは

ブルー系で作りたかったのだけれど

キロルへ、布地2回目の買い出しでは

気に入ったブルーがなかったため

ベース変更~de夏仕様✨





いろいろ色あわせしながら

バッグを提げるときの季節、相性の良いカラーや洋服などを

イメージしての手仕事は

お花のアレンジと共通していて

とても楽しい


例えば

カジュアルに

白ベースにネイビーのボーダー柄のカットソーと

新しいワンウォシュのデニムや

履きこなし色落ちしたデニムを合わせたり


インディゴ染めの無地、サラっとしたきれい目なワンピやチュニックにも

どうかな~っと


今回のがらがらバッグは

インディゴ(藍染による青)と相性が良いように思います



…………で


こんな感じの仕上がり











形やサイズは1号と同じ


ダンニャワード



お礼の品

先日のkenさんの日本出張には

会社のインド人スタッフと

日頃お世話になっている設計会社のご夫婦(インド人)が同行しました


仕事の打ち合わせを終えた後

ご夫婦は

富士山、はとバスツアー(ダイナミック東京)、京都・奈良観光を

大いに楽しんだようです


設計士の奥さんは、新工場の守衛所を

なんと!日本の金閣寺✨にしたらどうかと言うほど

日本好き~^o^ ←もちろん、予算の関係上丁重にお断りだわね~


ちょうど訪れた京都・奈良は

桜の満開の時期で


桜の金閣寺✨を堪能できて、たいそう喜んで帰ったそうです



……んで先日


日本でお世話になったお礼にと

設計士の奥さんから頂いた品をkenさんが

持って帰って来ました



前置きですが


くれぐれも


私たちは

よそ様から頂戴した品を


お腹を抱えるほど

笑ったことはありません


決して……


でも


kenさんが

顔色変えず

たぶん

ポーカーフェイスで

その品を頂戴したであろう姿を想像したり


だって


なんで~


それも


マジ顔の


スーツ姿


表&裏バージョン










♪───O(≧∇≦)O────♪



ダンニャワード



遣る瀬無さ

ちびわんこが

ふらりと

向かった先は

遊牧やぎの群れとの

程良い距離間の場所




あまり怖がっていない様子から

初対面ではないように思えたけれど

好奇心旺盛?

それとも

わたし(おんなのこでした)にも美味しいもんお裾分けして~だったかな





……っと…子やぎが近づいて









優しく鼻でちょこんとあいさつ

なんともほのぼの平和だなぁ~と思えるシーン


このあと

わたしは

ちびわんこに

おいでおいで~

だいじょうぶだいじょうぶだよ~なことを

英語で明るく呼びかけ

こちらに来るよう促してみた

するとね~










近づいて

ごろん寝~


わんこ好きならば

写真を見て気がついたと思うけれど

わんこの首には首輪ではなくちぎれたリードが結んであった


門番さん曰く


飼い主はご近所、でも捨てた………


捨てた……


その言葉が胸にズキーーンと突き刺さった


飼ったけどこんなはずじゃ~なかったとか

ちゃんと躾もしないで(躾の仕方も知らないで)

ポイっとモノのように捨てる

非情さと無責任

確かにインドの野良わんの多さからあり得ることだけど


隣のジミーちゃんのように自由気ままに

ひとり散歩して

家に戻るわんこもいることだし


それに

門番さんの言うことは

その場限りで適当なことも多いからね

半信半疑


このあとの写真はないけれど

わたしの足元で再び

ごろん寝

おなか出しポーズ


直接、頭蓋骨を触れているような

硬い小さな頭を撫でながら

いいこだね~いいこだね~と

いっぱい褒めてあげた

わたしにカラダを預け甘える仕草は

健気で愛おしいかったな

そして

舌でわたしの指を1回なめて(と言うよりふれた感覚)

しっぽを振って去って行った


もし飼い主さんが捨てたとしたなら

この小さな命を

引き取って育ててもいいと思えた


でも

私たちは

いずれかは

日本へ帰る


中途半端な優しさは

非情な無責任さと同じ


インドのわんこをみると

はっきりとできない

自分の態度と心持ちに

遣る瀬無さを感じます


ダンニャワード



夕方の光景

木々の伐採と、庭の手入れにやって来た

ガーデナーが

塀の外へ放置していった木々の枝や葉っぱ

夕方には

遊牧やぎたちの餌場と化とする



隣のおじさんが放った

チャパティを頬ばっているやぎもいる



子やぎがバケツの水を飲む姿は可愛い



サリーの女性がやぎ使い

時々おじさんのやぎ使いも通る

………と

そんな遊牧やぎたちに見入っていたら

いつの間にか

わたしの前には

わんこが横たわっていた





耳の動きから

周囲に気を配りビクビクしているように見えた

多分、わんこのカラダの大きさからすると

1歳にはなっていないね

首輪をつけているけれど

満足に食事をもらっていないのか

すごっく痩せていて小さい


さてわんこの行方は……



続く


ダンニャワード


ワルリー画

kenさんが

ムンバイの業者さんから絵画を頂いて来ました

ん……

この絵に見覚えあり~

私が初めて、マッチウェル(オーランガバードの生地屋)へ行ったときに

選んだグルグル巻きが特徴の布地





そう

マハラシュトラ州、ムンバイの近郊ターネー県に住む

先住民族・ワルリーが描いた

ワルリー画



少しワルリー画について調べてみました


元々はワルリー族が

結婚式のときに、儀礼画として家の中の壁面に

描き伝えてきた民族画だそうです


米をすりつぶし水を加えただけの絵の具を使い

竹を削って作ったペン(竹串のようなものかな?)で

赤土を塗った壁に描いたそうです


1972年に

インド政府のすすめで

この独特な表現の民族画を世に広め育てようと

(貧困対策でもあったようです)

壁ではなく紙に描かれるようになり

70年代後半から海外でも知られるようになったそうです





頂いた絵の中央のグルグル巻き~

遠目でみると

やっぱりアンモナイト?←わたしには観える

ほんとは

男女交互に肩を組み円を描くよう

ラッパ?の音色に合わせ

リズミカルにダンスをしているんですよね~?^o^


収穫の様子や短かな木々や植物、動物・鳥たちからも

ワルリー族の自然ともに暮らす生活ぶりが伺えますね


人々の表情はわからないけれど

なんだか楽しそう~

平面的な絵なのに

生き生きとした動きも感じられるから

面白いですね


はてな?

左上の家の屋根と天井の間にある物体はなんぞや~?

水タンク?神さま??

気になる………

ダンニャワード


夢で会えたなら


目覚めたときに


夢ごこちのいい

気持ちがふんわり満たされていた…


夢をみました


昨日から

kenさんは日本人会のゴルフコンペと出張でプネへ

今朝は少し朝寝坊をしよう~^o^と

毎朝、門番さんのペットボトルへの水やりも

今朝はしなくていいように

昨晩のうちに

わが家のキレイなペットボトル3本追加~で

準備完了


で昨晩は

11:30には眠りにつき

途中暑くて目覚めたり、朝方トイレに起きたり

もう少しゆっくりね~と

目覚ましなしで

………………………………………

夢から目覚める


そして

携帯のデジタル時計の数字に目をやる

ギョッ

(O_O)

ヘ~

Σ( ̄。 ̄ノ

9:05‼️



……てなわけで

本日は目覚めすっきり~

ゆるり

スローな一日の始まりとなりました




ここからが本題


夢のシーンは

わたしが幼きころ過ごした実家 ← 建て替える前の古い家

実家の車庫にはラブラドールの仔犬が繋がれていて

その横には

kenさんと一緒に暖のイラスト画を描き作った

見覚えのある懐かしい暖の犬小屋 ←実際にはふたり作の犬小屋はないのだけれどね


嬉しそうに飛び跳ね

しっぽふりふり~なその仔犬を見た瞬間

暖だ~と確信したわたしは

すぐさま抱きあげ家の中へ


台所では

亡き母が

わが家にやって来た

父の三重県からの知人夫婦 ← 全く見覚えのないふたりでした

へ、おもてなしの料理を作っていました

わたしは

腕の中にいるころんとした

どっしりとした重みのある仔犬が

もうたまらなく可愛くって

ずっと ずっと

抱きかかえたまま

母の手料理の種類の多さと手際の良さに見入って


わたし: すごいね~

母 : お客様の好きなお料理をひと品加えると

喜ばれるはよ ←ここでは三重県の地元料理的なニュアンスだっだように思う

なぜ?三重県だったのかは???


母と交わしたひと言が

妙に鮮明に心に響いて嬉しかったな~


夢は

知らず知らずに印象に残っていた

シーンや

多分根拠のある過去や現実

自分の願望や不安なんかが

はちゃめちゃに

入り混じっていて

ストーリーがあってないような

繋がっていないようで繋がっていて

不思議だな~と思う









夢で

母と暖と一緒に会えて

最高で最強~だね


母よ

暖よ

いつもわたしたちを

見守っていてくれて

ありがとう~です


ダンニャワード


天然ピュア100%

カラダが

潤い

よみがえるよ~ん




家にも買って持ち帰るも



ルン…ルン🎶

400ml/1個も入ってました


インドの酷暑には

やっぱり

オススメ!な

テンダーココナッツウォータ~🎶


過去記事はこちら→をクリックと言いたいところ

iPadでの貼り付け方がわからない~

ご面倒でない方は

2013.5.5の記事をご覧くださいませ~



ダンニャワード


スパイシーでフルーティな香り&ごま風味ってな~んだ?

こちらオーランガバードは

連日最高気温35℃越え

昨日は38℃

あっちち~~ε-(´∀`; )

ACをつけなければ汗ダクダク~

………が

肩は冷やしたくない

温度調節に気を遣いつつ

快適気温を探してます~な日々

40℃越えの酷暑の真夏もまじかな勢いです

そんな中

庭のカレーリーフの木にたくさんの花が咲きました



この木は

私たちが引っ越して来たときは

私の親指と人指し指の手ものさしサイズだったから

15cmほどの苗木でした

たぶん元々庭にあった

カレーリーフの木の種がこぼれおちたものであると思われます

今も小さな苗木はあちらこちらに点在してるけれど



あんなに小さな苗木がこんなに大きく3mくらいかな?

成長したのはこの木だけ



たぶん、カレーリーフの木にとって

この家の庭の中で一番居心地のいい場所なんだね



真っ白な小さな花々も可愛いけれど

カレーリーフの萌黄色の若葉が

柔らかな新鮮さを感じさせますね



名前の通り

スパイシーなカレー料理の香りつけに使いますが

カレーリーフはミカン科なので

爽やかな柑橘系の香りも漂います

さらに、ごま風味もするから不思議~

日本ではフレッシュなリーフは

手に入りにくいそうです

以前はよく庭のカレーリーフ(元木)を摘んでは

ベジ豆カレーを作っていたものですが

今はさっぱりな私。

いかんね~

初心忘るべからず…で

フレッシュなうちに作ってみよう~!

だね♪


ダンニャワード

愛でる

幸運にも

インドへ戻る前日は

お天気にも恵まれ

東京は満開の桜日和


3年ぶりのお花見

kenさんとともに

足どり軽く

心踊る


向かった先は

六本木ヒルズ

毛利庭園









庭園を後に

さくら坂へ

まだ肌寒さが残る春風を感じながら

暖と歩んだ桜の季節の想い出に

花が咲く……

気がつけば

ワンちゃんとの散歩姿を選んで撮っていたよ~








夜は成田のホテルへ移動








夜桜は

不思議と風情がまして

粋な美しさを増すように思います


日本人に生まれて

桜を愛でる心が育って良かったね。。に

ジ~~~ン

嬉しい言葉を胸に


愛でる。。その言葉の意味をといてみた

桜の花のもつ

凛とした可憐さ、可愛らしいさ、優しさ

強さ、儚さ

奥ゆかしい美しさだったり


駒ヶ根にも

桜の花の便りが届く頃

春爛漫を満喫してくださいね


ダンニャワード


幻の華号

水玉のモチーフで

世界的にも有名な

松本出身の芸術家

草間彌生さん


描くことで救われた人生

ものづくりのものがたりを知って

ドット、ドット、ドット

ドット…………………………………………………………………が

繋がって

あの奇抜な色つかいと水玉が

好感がもてるようになったわたし

松本⇄新宿

高速バス



幻の華号は走ります♪


ダンニャワード


原点

久しぶりの更新です

肩の調子は相変わらずですが

元気です!

治るまでには

少々月日がかかるようでして

毎日、

根気よくホームエクササイズ♪続けてます

暫し

健二さんの日本出張に伴い

日本へ一時帰国しておりました


限られた時間の中で

自由に動き回り

たくさんの笑顔に包まれ

心の底からよーく笑い


素のまま

自然体で

語り合い

分かち合う

心地よさ



今までも

これからも

ずっと

大切にしていきたい

根っこのところで深く繋がっている

しあわせだな~と感じられる

変わらない確かなもの



環境は違えど

今ある場所で

気持ちあらたに

自分らしさを忘れず

がんばろう!って



暖かく見守りつつも

心強くって頼もしい

家族や友たち

共に過ごせた時間に

心から感謝です


ダンニャワード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。