FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

プチムンバイ記

日々のことに加え

ブログをお休みしていた間に

訪れた街の印象や出来事なども

少しづつ綴っていけたらな~と思います


さて最初は

次の乗り継ぎ便まで


半日ほど待たなくては………の時間を利用して


ムンバイの街をプチ観光した話


ムンバイは

マハラシュトラ州の州都


アラビア海に面した西インドの玄関口


商工業・金融・交通の中心地だけでなく


インド人だーいすきなボリウッドの本場(≧∇≦)映画産業も盛ん!!





まず、ムンバイ国際空港の正式名って


チャトラパティ・シヴァージー国際空港…と

やたら長い


インド史アゲ~イン♪


チャトラパティ = 王 あるいは支配者の称号(マラティ語)


シヴァージーは

ヒンズー教徒にとっての英雄


空港内に飾られている シヴァージーのー肖像画


時は

17世紀

デカン高原

イスラム王朝のムガール帝国

あの主も悪よの~アウラングゼーブに対抗した

ヒンズー王朝、マラーター王国の初代王


インド門に向かい立つシヴァージー像


馬上のシヴァージー像は

オーランガバード市内でも

よく見かけます


さて

湾に面して

ズドーン!と建つインド門は

英王ジョージ5世夫婦のインド上陸を記念して建設

イギリス統治時代のシンボルなんだそう



入り口近辺はお◯っこ臭く、路上生活者もちらほら…。お気をつけください



どこでも野良わんと共存は、インドお馴染みの光景


インド門の向かいには

各国の首脳や王族など、数々の著名人が宿泊したことで知られる老舗ホテル
(1903年創業)

タージ・マハール・パレス&タワー


イスラム様式とゴシック様式の融合建築で

異国情緒たっぷり豪華です


ホテルでランチをした後は


ホテル内のレザーブランドのジョイ・シューズ(Joy Shoes)へ



親指と足の甲のみを固定したインドの伝統サンダル

コーラー・プーリー・チャッパルを購入 *チャッパル=サンダル


店員さんおススメの

キラキラストーンつき

いまだ……出番待ちでおります




いつも気になる

エントランスのお花のアレンジは


ピンクの可愛らしさに増して

華々しさが素敵でした


車窓からの眺めへ……と続く。


ダンニャワード


関連記事

Comment

インドも、いろんな文化が混ざるところなんですね!

さすが、ここのホテルはお花も素敵ですね〜!
ロビーのこういうお花は帝国ホテルを思い出す気がします^^
サンダル涼しそうでかわいいですね♪
日本でもがんがんはけそう^^

一つ前の記事の川、遊びやすそうで
素敵なところですね〜!!

暖君いっぱい水遊びして大満足な寝顔^^
こういう姿を見るのが飼い主至福の時ですよね♪
2015.05.14 07:58 | URL | Pulama field #gIYQI5Sw [edit]
S子さん♪
そうだね〜。インドは広いから伝わった文化の違いで
街の雰囲気も随分と変わりますね。
お花のアレンジもすっごく素敵で豪華絢爛なホテルなんだけれど
ランチが…イマイチでした。
そんなアンバランスさがインドらしいと感じます。
サンダル、日本でも大丈夫そう〜^ ^
ありがとう!
フフっ〜多分ノア家もお気に入りになっていたかと思いますよん。
わんこって泳ぎ方を教えた訳ではないのに
ちゃんと最初から犬かきで泳ぐよね〜
そんな姿もたまらん可愛いね☆
ノアちゃんとともに
しあわせな時間を楽しんでくださいね^o^


2015.05.14 21:40 | URL | riko #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/662-19b00118
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。