FC2ブログ

FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

ジャイプールの旅 1 シティ・パレス


インドで

外国人観光客に一番人気の高い

デリー、アグラ、ジャイプールを結ぶ旅行地を



ゴールデン・トライアングルと呼びます


昨年の雨期の時期に訪れた

ジャイプールへの旅


すでに

遠~い過去になってる~


てな訳で

忘れかけている

記憶をたどりながら

簡単に忘備録として綴ってまいりま~す


ジャイプールは

デリーより南西約260km

ラジャスターン州の州都で


18世紀

マハラジャ、サワーイ・ジャイ・スイン2世によって

造られ

街の建物が

赤錆色に近いピンクに塗装されているため


"ピンクシティ" と呼ばれます









車中より


私たちは

オーランガバード⇄ムンバイ⇄ジャイプール

飛行機にて2泊3日の旅


ガイドさんは宿泊するホテルに依頼しました

*ジャイプールには日本語が話せるガイドさんはいません
インド人英語ガイドとなります


まずは

旧市街の中心に立つ

歴代マハラジャの住居である

シティ・パレスへ












貴賓謁見の間

謁見の間には

左右にふたつ

ひとの背丈ほどの巨大な壺が置かれています






敬虔なヒンズー教徒だったマハラジャが

イギリスを訪問した際に

ガンジス川の水を入れて持って行き

沐浴に使ったそう~

ギネスブックにも登録されている

世界一大きな銀製品なんですって


聖なるガンガーの水とはいえ

マハラジャのスケールの大きさには圧巻!


チャンドラ・マハール(月の宮殿)











4つの門は

繊細な孔雀や蓮の花のモチーフで装飾されていて


門のブロンズの色味に映えて美しかったです


宮殿内には

国が認定したジャイプールの伝統工芸師を集め

実演と販売を行うギャラリーがあります


私たちは

細密画家の方から





サイン中~です



ブルーとイエローの蝶の絵を購入しました



シティ・パレスには

現在も

マハラジャ一家の子孫が住んでいるそうです




ラッキーなことに

ちょうど

雨上がりの

シティ・パレス観光でした


ダンニャワード

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/690-37e5786e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。