FC2ブログ

FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイプールの旅 2 風の宮殿

ジャイプールの旅で

是非とも

見てみたい!と楽しみにしていた

ハワー・マハール


別名

風の宮殿


交通量の多い大通りに面しているので

正面の姿をゆっくり眺められて

写真におさめるには

早朝がオススメ…ということで


世界遺産のアンベール城とジャンタル・マンタルを観光する前に

正面の写真のみを撮り

ふたつの観光を終えた後に

宮殿内を見学することにしました





華やかな美しさというよりも

静かに佇む

赤錆色の優雅な趣きが

印象的だな…と感じました


季節やお天気、一日の時間帯によっても

赤錆色の見え方が

明るいピンクよりだったり

落ち着いて見えたり

その時々、様々なんだろうね


かつて

姿を見られることを禁じらていた宮廷女性のために

建てられた宮殿で







5階建ての正面には

お祭りや祝いごと、街の様子などを

眺めたであろう

小さな小部屋のような出窓が並びます


”風の宮殿”と呼ばれるだけあって

正面から見た大きさや高さに比べ

奥行きが浅く

確か6mだったかな

どの方角からも風が通るように

工夫されているんです



さてと中へ入りましょう♪



宮殿の入り口は

裏手の細い路地裏にあります















宮廷女性気分de眺めてみましょう











世界遺産ジャンタル・マンタル(黄色←)が見えます



ガイドさんオススメの撮影スポットです♪


ダンニャワード


余談ですが

インド人ガイドさん

とても親切で紳士的な方でした




前日訪れた

シティ・パレス内には

歴代のマハラジャの写真が飾られ

写真下には名前が刻まれていました


…でガイドさん

マハラジャとsirネームが一緒でした


ご本人も同じとアピールしておりました


…ということは

マハラジャの子孫なのか?…は定かではありません


…が


シティ・パレス内の売店で購入した本



の表紙の一部を飾り

本の中でも










ご自分の結婚式の儀式のシーンで登場しております


確かに階層が高そうです


……ということは


やはり

マハラジャの子孫なのか


さてさて

真相はいかに^ ^


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/691-bd2598ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。