FC2ブログ

FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

可愛い子には旅を…愛しのDan Bear

旅の続きを久しく綴っておりません

うちに

フィンランドとスウェーデンの旅が

随分と遠い過去になりつつある

今日この頃なインド暮らし


今回の旅で

インドの家にお留守番させるのが

心許なく

旅は道連れ世は情け~?って

この場合、意味があてはまるかは別として



わたし

生まれてこのかた

ぬいぐるみを

これほどまでに

愛しく

可愛いと思ったことはありません



初めて

アンちゃんママから

Dan Bearを手渡されたとき

涙がホロホロと流れ落ち


そして

Dan Bearを抱きしめた瞬間

確かに

魂が宿った…よね


暖の分身に思えてならない


そのときから

さらにも増して

かわいくなったDan Bear



暖の一周忌を偲んで

F子さんが

手仕事で作ってくださった

オリジナルのDan Bear


くるりんとしたまんまるお目めと

笑顔が可愛い口もとが

暖にそっくり ← 親ばか万歳*\(^o^)/*


右足の裏に刻まれたピンクの文字は

Dan
Eternal Love (=永遠の愛)


旦那さんKさん作


トリコロールカラーのリボンは

旅立ちのとき

暖の首もとそのままに…つけて見送った首輪と重なるね


Victory Hotel in Stockholm



Trident Gurgaon in Delhi



作り手の思いが

たくさん積み重なっての

形あるものの愛しさ


これからも

ずっと

ね♪


大事に

大切に

育んでいきますね

って

初めての旅にしては

強行スケジュールじゃないのー


そろそろ

お疲れさんモードも解消されたかな~




ありがとうがいっぱいの

わが家のDan Bear


ダンニャワード



関連記事

Comment

Dan Bear、すっごい喜んでる表情してますね。不思議。
こんなにかわいがっていただいて嬉しいです♪
2015.07.22 22:40 | URL | Andrew mom #- [edit]
F子さん
長旅の疲れもとれたようです^ ^
いつも可愛い口元がね、微笑んでいますよん
いい表情してるでしょ♪
暖の分身だもの〜ね
大切な宝物をありがとうございます^_−☆




2015.07.23 14:54 | URL | riko #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/704-83523167
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。