FC2ブログ

FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

温浴文化

やっとこさ~ ←って誰?

旅の続き…。


ヘルシンキでは

ヘルシンキ中央駅前広場近くのホテルに3泊滞在




ヘルシンキ・ヴァンター国際空港から

市内循環バス ・各バス停車(乗り場 21番 /バスNo 615)に揺られ

30分程で駅前広場に到着

当初の予定では

空港から中央駅まで、直通電車で向かうはずが

来月開通ということで空港内のインフォメーションでバス乗り場を聞く


車内の電光掲示板には

英語表記はないけれど終点がヘルシンキ中央駅

片道 5ユーロ


ホテルのフロントで

駅前広場→空港行きのバスの時刻表を訪ねたところ

空港行き直通バスがあるとのこと (空港→駅前広場行きもあるはず)




片道6. 3ユーロ

乗り心地も良く、トランクルームあり

ヘルシンキの旅のご参考までに…。


さて

フィンランドはサウナ発祥の国ってご存知でしょうか?


寒い国ならでは

シャワーだけでは得られない

カラダの芯からポッカポカ~♪

フィンランドの気候、風土から生まれた文化なのでしょうかね~


サウナは

疲れを癒すリラクゼーションの他

団らんや社交場でもあるそうで

フィンランドの各家庭だけでなく

ホテルなどでも気軽に体験できるんですよ


日本でいう

ホテル・旅館にある大浴場的なものでしょうか


もちろん、水着着用ではなく

すっぽんぽんで……

日本のお風呂や温泉の温浴文化に似ていて

親しみがわきますね♪


……がしかーし

温浴文化の国、日本で育ったとはいえ

外国人の方々に貧弱なわたしのボデーを

さらけだす勇気はなく

でも

サウナ文化も味わいたい……


日本では

夏でも湯船にゆっくりと浸かりたい私たち


てな訳で

露天風呂付き部屋?ならぬ

サウナ付き部屋を予約


フィンランドで幅広く普及しているのは電気式だそう

ホテルもそのタイプで

サウナの入り方が

サウナ室の扉横に明記されていました




電気ストーブで高温に熱せられた石に

ひしゃくで水をかけ

蒸気を沸き上げ、サウナ室の温度を上げます

自分で温度を調節できて◎

……んが

焼き石は、かなりの高温になる為

直接、蒸気が循環してくる場所にいると

アッチチ~~~

顔がえらいことになりますので

お気をつけくださ~い^ ^


冬にオーロラウォッチングを…と

ご計画中の方には

是非ともサウナ文化を味わって頂きたいよん^o^





ダンニャワード




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/705-ac6c6944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。