FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

感謝と敬意を込めて

2012年4月下旬

国際線輸送用、大型犬のケージが届いた日から


"暖のおうちに乗って

kenちゃんに会いに行くよ~

嬉しいね~"って


暖のベッドとまくらをケージに入れてあげると

戸惑うことなく

ごろんっと


ねんね~ 2012.5.3

半開きお目めで熟睡してたね


わたしがそれを言わずとも


暖の中では

もうすぐkenちゃんが迎えに来て

おかあさんと一緒に

kenちゃんの居るインドへ

お空の旅するんだーって

わかっていたよね……きっと。



成田空港 2012.6.28


成田 → デリー

デリー → オーランガバード


オーランガバード ⇄ デリー





国際線だけでなく

インドの国内線までも…


降りたった地では

必ずや

わたしたちと笑顔で会える!…と

確信してたお互いに。


言葉はなくとも

わたしたちを

信じて疑わなかった

まっすぐな澄んだまなざしが愛おしい



ほんと

偉かったね

よく

がんばった!


よくぞ

こんなに遠くまで…。



暖のケージは

わたしたちが本帰国が決まったときに

Dr.バーデッカーのクリニックに寄贈するこを決めていました


先日の9月3日

暖の14回目の誕生日


あらためて

暖のケージを拭き掃除をして

キレイキレイ♪

わたし、大型犬のケージの中に

入れるサイズだもので^ ^

中にも入ってすみずみまでね


しばし

暖気分にしたるも

いろ~んな感情が

湧き立つように

交錯し心乱れる


ケージに限らず

暖のものを整理してると

目頭と胸がジーーーン


熱くなる


湿っぽくならずにはいられない


心のままに


でも


ときには


淡々と……事を進めることも必要なことなんだと


自分の感情をコントロール




そして

今日

オーランガバード⇄デリー

国内線移動時に

ケージの外天井に貼った

英語とヒンディー語の


My name is Dan ……

………………の貼り紙を剥がしました





午後7時過ぎ

暖が旅立つ前日

点滴に連れて行った以来

訪れていなかったDr.バーデッカーのクリニックへ

ケージを持って訪れました







クリニックの看板が新しく変わっていて

今年、国際動物臨床病理学会←だと思う

で受賞された写真が

クリニック入り口に貼られていました


しばしDrとお話しをして


最後に

Dr と一緒に記念撮影をし

クリニックを後にしました





今後

暖のケージが

オーランガバードのワンちゃんたちの

お役にたてることと

ワンちゃんたちが

家族として

愛されたくさんの幸せな笑顔が

広がりますよう願います



大好きな暖へ

感謝と敬意を込めて

ありがとう!


ダンニャワード





関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/728-e99a2c47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。