FUJISAN漫録 ~インド編~
夫と愛犬・暖とのインド暮らし♥日々つれづれなるままに

Sayonara FUJISAN

このブログの

はじめまして…に綴ったように

なぜ?

このブログ名が

FUJISAN~なのか

やっとこそ

明らかにするときが参りました! ← ちと、大袈裟だね~

私たちがオーランガバードで住んだ家は

会社のゲストハウスでして

私たちが住む前には

デリーに家を持つ単身赴任の総務課のインド人おじさんが住んでました

その前は、今はマネージャー職になっているインド人おじさん……も住んでいたとかで

多分、10年以上は確実に歴史を刻んでいるはず

おじさん…おじさんって

もしや年下?あるいは同世代なのかもしれないのに

失礼ね~ ← はい、自分は都合よく棚の上ですよん^ ^

んで…私たちが住むにあたり

住みやすいように増改築をしてもらったのです

………が

基本、インドのお家だもので

ブログにも綴ってきたように

色々……とありました…ね~

さて

私たちが住む同じ地域に

副社長のインド人Pさんの家があります

わが家と同じく

門の壁には

大理石で出来た門札があり

英語で文字が刻まれています

久しぶりに訪れたら

な…なんと

その門札の上に同じ文字ではありますが

新しく門札がアレンジされてました

ジャーーン!!



そう

東大寺なんです

……ってことは

わが家は

はい!

正解です♪



オーランガバードの富士山?だったんですよ~ん

すっきり爽快気持ちのよい?快晴の日!あったかな~?

どんよりはっきりとしない雲行き空

激しいどっしゃぶりスコールの日々から

なかなか抜け出せない日々も過ごしてきました

でもね

不思議…。

今は

やっぱり

思い出すのは

楽しかったことや

とびっきりの笑顔だったり

ここで共に家族で支え合いながら

がんばってきたな~ということを

共有できる達成感かな

出発のとき

夜勤明けの門番さん含め全員、集まってくれました



おかげさまで侵入者や事故などいっさいなく

過ごすことができました

暖の友達のGくんは

今は大学1年生になりました

自分のお給料で学校へ通ってます

幸いにも

kenさんの後任者が

引き続きFUJISANに住みたい…という事で

流石~!

神さまの名前だけあってラッキーなガネーシュです


一丁前に髭なんぞ整えかっこつけたい年頃

オーランガバード暮らし

悔いなし!

Sayonara~♪ Sayonara~♪ FUJISAN ‼️

ダンニャワード
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://riko1027.blog.fc2.com/tb.php/734-3a036e73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。